マガジンワールド

Casa BRUTUS カーサ ブルータス

Casa BRUTUS No.240 試し読みと目次

Casa BRUTUS No.240 試し読みと目次

あの事件の真相から作品解説まで、バンクシーのことがよくわかる本。 2018年10月、バンクシーの代表作《風船と少女》がオークションで落札された瞬間にシュレッダーで断裁される事件が発生。2019年1月、小池百合子都知事がバンクシーらしき作品を「カワイイねずみ」とツイート。これらによりバンクシーという名前が日本中に知れ渡ることとなりました。さらに、2020年は横浜、東京、大阪と3か所で展覧会が開催されることも決定。そこで、この特集では現在進行形の謎に包まれた覆面アーティストを追いかけます。ブリストル、ロンドン、パレスチナ、そして、東京。その足跡からは今という時代とアートのあり方が見えてくるのです。
CASA BRUTUS No. 240

バンクシーとは誰か?

990円 — 2020.02.07電子版あり
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
CASA BRUTUS No. 240 —『バンクシーとは誰か?』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。

Next Issue No. 241 2020年4月号は3月9日発売!

Kyoto 2020京都、
新発見

2020年春の京都は話題の施設が次々とオープン。
最古の公立美術館〈京都市美術館〉は青木淳の設計でリニューアル、
こけら落としの展覧会は現代美術作家の杉本博司です。
隈研吾が手がける新しい新風館はエースホテルの上陸も含めて話題です。
すなわち、京都は古都の魅力だけの街ではありません。
新しい見どころが急増している京都は1泊2日じゃもったいない。
京都の新しい魅力を発見しに、旅をしてみませんか。

特集の内容です!
● 最古の公立美術館〈京都市美術館〉が青木淳によりリニューアル!
● 新風館が再スタート! 隈研吾が語る見どころとは。
● 美術館散策ガイドと合わせて、器と手仕事で巡る、岡崎エリアマップ。
● 杉本博司が案内するおさらい京都の名建築。
● ここに寄らなきゃ帰れない、あの人が愛するこの店・この一皿。
● エース、アマン、パーク…京都はホテルラッシュです。
● ファッションスペシャル in KYOTO

  • 『CasaBRUTUS』2020年3月号 お詫びと訂正2020.02.07

    『Casa BRUTUS』2020年3月号(2月7日発売)P.162に掲載の『ニトリ』ダイニング5点セットの紹介記事に誤りがありました。価格表記について、正しくは「税抜き90,818円」となります。お詫びして訂正いたします。