マガジンワールド

Casa BRUTUS カーサ ブルータス

Casa BRUTUS No.243 試し読みと目次

Casa BRUTUS No.243 試し読みと目次

村上 隆、李禹煥、草間彌生、宮島達男、奈良美智、杉本博司。日本が世界に誇る現代美術作家が集結する展覧会「STARS」が今夏に開催予定です。一方、2018~19年に開催された「Harajuku Auction」は、若手やストリートアートをフィーチャーし、ミレニアル世代を巻き込んで大盛況のうちに幕を閉じました。もはや、現代アートはインテリア、食、ファッション等と同じく、豊かな暮らしに必要な教養のひとつ。そこで、巨匠から若手まで、今、知っておくべき日本の現代アートをまとめます。
CASA BRUTUS No. 243

日本の現代アートまとめ。

990円 — 2020.05.09電子版あり
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
CASA BRUTUS No. 243 —『日本の現代アートまとめ。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。

Next Issue No. 244+245 2020年7月・8月合併号は7月9日発売!

SUMMER SWEETSスイーツと
デザイン。

果実をふんだんに使って構築的に作られた美しいパフェ、
それは五感で楽しむ“小さな建築”です。
「建築的パフェ」はcasabrutus.comでPVが圧倒的に多い人気企画のひとつ。
夏の定番、かき氷やジェラートも個性を持った新店が続々と登場。
芸術のようなひと皿を目の前で仕上げていくアシェット デセールも人気です。
ルックスも味の構成も、スイーツはデザインの集合体。
儚さもまた美しい、夏の冷たいスイーツ図鑑です。

特集の内容です!
● おいしくて美しい、“建築的パフェ”
● スターシェフがデザインした専門店
● 2020年、新しい氷菓、世界の氷菓
● まるでアート、デセールスイーツを解剖する
● あの人の“〆スイーツ”
● 清涼感あふれる、ひんやり手土産図鑑