マガジンワールド

Casa BRUTUS カーサ ブルータス

Casa BRUTUS No.253 試し読みと目次

Casa BRUTUS No.253 試し読みと目次

人生100年、青春に年齢は関係ない。目標へ突っ走る暴走族でありたい」そう語り、今なお最前線を走り続ける世界的建築家・安藤忠雄。 長年の挑戦が成就したパリの現代美術館 〈ブルス・ドゥ・コメルス〉から未来の子どものために旗振り役となった大阪〈こども本の森 中之島〉まで、自らの熱い思いで実現させた、世界各地の最新ANDO建築を紹介。 また、各世代を代表する著名人・芦田愛菜、佐藤 健、又吉直樹との対話が実現。人生100年時代を生き抜くためのヒントを探る、12年ぶりの安藤忠雄特集です!
CASA BRUTUS No. 253

安藤忠雄×人生 人生100年時代をどう生きるか。

1,080円 — 2021.04.09電子版あり
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
CASA BRUTUS No. 253 —『安藤忠雄×人生 人生100年時代をどう生きるか。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。

Next Issue No. 254 2021年6月号は5月8日発売!

Tower of The Sun新・岡本太郎

絵画から彫刻、建築、デザイン、写真、書、言葉まで、
さまざまな方法で芸術観や人間観を表現した偉大な芸術家、岡本太郎。
生誕110年のこの春、岡本太郎に再びスポットを当ててみたいと思います。
コロナ禍により世の中が一変し、いまだ出口が見つからない状況だからこそ、
岡本太郎の力強いアートと言葉がより深く心に響き、
逆境を乗り越えるヒントになると思うからです。
大阪万博以来、48年の時を超えて鮮やかに蘇った〈太陽の塔〉の内部から、
世界的芸術家、建築家、思想家らと交流を持った人となりまで、
2021年の視点から新しいTARO像に迫ります!

特集の内容です!
●〈太陽の塔〉を大阪万博の歴史から内部まで徹底解剖!
● 坂倉準三設計の住居兼アトリエをあの人が訪ねました
● 改めて知りたいTAROの生い立ちと人間関係
● 時代を超えて人を勇気づけるTAROの言葉
● 買える! TAROデザインのプロダクト
● 日本全国、TAROのパブリックアート