マガジンワールド

Casa BRUTUS カーサ ブルータス

Casa BRUTUS No.237 試し読みと目次

Casa BRUTUS No.237 試し読みと目次

元号が令和に変わった今年、改めて日本の神社が気になります。聖域として古代からの神話を受け継ぐ場所。それは簡単には踏み込めない山奥の秘境であったり、外国からも多くの訪問客が訪れる華やかな場所であったり。今回はカーサ的な視点で訪ねるべき日本全国の聖地100を一挙紹介。国宝や世界遺産になった聖地から、あの建築家が携わった神社まで、新しい時代に訪ねるべき聖地を網羅した特集です。
CASA BRUTUS No. 237

日本の聖地100/櫻井翔

1,080円 — 2019.11.09電子版あり
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
CASA BRUTUS No. 237 —『日本の聖地100/櫻井翔』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。

Next Issue No. 238 2020年1月号は12月9日発売!

LIFESTYLE HOTEL 2020最新ライフスタイル
ホテル2020

『カーサ ブルータス』が2018年に特集した“ライフスタイルホテル”。
質やデザインにはとことんこだわるけれど、行動はあくまで自分主体、
自由なスタイルで暮らすように滞在するスタイルが、
新しいホテルのスタンダードになりつつあります。
そして、今の日本は来るべき2020年に向けて開業ラッシュの真っただ中!
空間、食、体験で旅の印象を濃くする
注目のライフスタイルホテルを紹介します。

特集の内容です!
● 谷口吉郎と谷口吉生…建築家親子の合作
〈ホテルオークラ東京〉が開業。
● ついに完成! 庭を楽しむ〈アマン京都〉。
● 20年ぶりの、パークハイアットが京都に誕生。
● 古きよき日本の意匠を残したホテル。
● 宿はきわめてシンプルがいい、という考え方。
● 食べて寝るだけ、おいしいホテルめぐり。

  • 『CasaBRUTUS』2019年11月号 お詫びと訂正2019.10.16

    『Casa BRUTUS』2019年11月号『そろそろ知っておきたい茶の湯への道。』P.121の「萩焼」に関する文章に誤りがありました。
    正しくは「毛利輝元」です。
    お詫びして訂正いたします。