マガジンワールド

頭痛女子のコンカツ (清水 俊彦 著)

頭痛女子のコンカツ

— 清水 俊彦 著電子版
  • ページ数:208頁
  • ISBN:9784838722853
  • 定価:1,512円 (税込)
  • 発売:2011.08.25
  • ジャンル:実用
『頭痛女子のコンカツ』 — 清水 俊彦 著

紙版

書店在庫をみる

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。

●内容紹介

 片頭痛持ちの女性たちは、脳の過敏性の高さゆえに聡明な人が多く、また聡明さゆえに日常生活や社会活動においても際立った才能と行動を示すことが多い。さらには、キリッと引き締まった顔貌の美人が多い。そんな男性にとってはかなり魅力的な存在であるはずなのに、なぜかなかなか良縁に恵まれず、ともすればアラフォー(around forty)どころかオバフォー(over forty)になっても独身であり、半ば結婚をあきらめている人も多い。

 こうした美人でかつ聡明であるにもかかわらず結婚に悩んでいる頭痛女子たちの数々の事例を検討し、その背景に片頭痛持ち特有の脳の過敏性の高さと執着心やこだわりが潜んでいることを紹介するとともに、頭痛女子が<どうしたらステキな男性をゲットできるか?><将来性のある男性を見抜く方法は何か?>について分かりやすく説いていく。

 片頭痛自体が女性ホルモンに関連して起こることから、自分の頭痛が片頭痛であると気づいていない“潜在的頭痛女子”もまだまだ多い。また、上記のように良縁になかなか恵まれずコンカツに燃えている女性も多いため、彼女たちに「自分の頭痛がじつは片頭痛であり、そのために結婚がうまくいかない」ことに気付いてもらう。

 また、片頭痛持ちの女性は、片頭痛の男性と一緒になるケースも多く、才能のある片頭痛の男性を見分ける方法も述べる。

●著者紹介

しみず・としひこ

東京女子医科大学客員教授。脳神経外科医。医学博士。1958年生まれ、京都府出身。日本医科大学医学部卒業、東京女子医科大学大学院博士課程卒業。現在、東京女子医科大学をはじめとする複数のクリニックで頭痛外来を担当し、1日に200から300人の患者を診る頭痛治療の第一人者。TV・新聞・雑誌等で精力的に頭痛の啓発を行っているほか、「全国慢性頭痛友の会」の顧問や日本頭痛学会監事を務める。著書は、『頭痛外来へようこそ』(保健同人社)、『おとなの頭痛を治す本』(角川学芸出版)、『頭痛女子のトリセツ』(マガジンハウス)ほか多数。