マガジンワールド


日本経済を殺した真犯人はだれだ!? (三橋 貴明 著)

日本経済を殺した真犯人はだれだ? すなわち、1998年以降の日本経済のデフレ深刻化の主犯は誰? という問いかけだが、答えはもちろん「政策」である。本書は、犯人探しがテーマではない。政策を決定する政治家、そして、その政治家を選んだ日本国民は、なぜミスを続けたのか? そのことを探り、有権者である我々は何をすればいいのか? を考察することが本書のテーマである。著者である三橋氏は、社会に蔓延する「情報の歪み」にひとつの原因を見る。「情報の歪み」は、著名な経済学者たちが、「正しい対策」として提言した政策に他ならない。「デフレ期」にあるにもかかわらず、「デフレを促進する」政策を主張し続けた結果が、現在の日本経済の停滞を招いたのである。危機に喘いでいるのは日本経済だけではない。ギリシャ危機に端を発したユーロの構造的な問題についても、本書では触れられる。現在の日本経済が抱えている問題、それを取り巻く世界経済の問題、それを解決する処方箋を、三橋氏とともに考えてみたい。

『日本経済を殺した真犯人はだれだ!?』
  三橋 貴明 著

ページ数:252頁
ISBN:9784838724833
定価:1,512円 (税込)
発売:2012.09.14
在庫:返品待ち
ジャンル:ビジネス

購入はこちら



Online Shopping オンライン書店で購入




Related Books 三橋 貴明《関連本》