マガジンワールド


桐島君、何だって君は選挙なんかに出ようと思ったんだい? (桐島 ローランド 著 田原 総一朗 著)

昨夏の参議院選挙東京選挙区に、みんなの党から出馬したカメラマンの桐島ローランド。
「なんでお前がいまさら国会議員なんかに立候補するんだよ」
友人たちの反応は賛否両論、いやむしろ厳しい意見の方が多かった。
結果、32万票強を獲得しながらも落選。
政治家に執着していた訳ではなかった。しかし、候補者という規格外の体験は、桐島が抱えていた政治に対する問題意識を、確実に増幅させた。

「どうすれば、この日本を変えることができるのか」

その問いを引き受けたのは、”「塀の上」を走り続けてきた戦後政治の生き字引”ジャーナリストの田原総一朗。

日本の政治システムが出来上がった過程を解きほぐし、そこに生じた歪みやジレンマを明解に指摘した。もはや、批判するだけではどうしようもないところまで来ている日本の状況。いまこそ国民が「プロの有権者」の自覚を持つことが、社会を明るい方向に導く力となる。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「2014年の日本が抱える課題」のもっともわかりやすい解説書。もはや「普通」の感性では、課題山積の日本で生き残ることはできない。(津田大介・ジャーナリスト)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『桐島君、何だって君は選挙なんかに出ようと思ったんだい?』
  桐島 ローランド 著 田原 総一朗 著

ページ数:192頁
ISBN:9784838726424
定価:1,400円 (税込)
発売:2014.03.31
在庫:在庫あり
ジャンル:その他

購入はこちら



Online Shopping オンライン書店で購入