マガジンワールド


誰もが幸せになる 1日3時間しか働かない国 (シルヴァーノ アゴスティ 著 野村 雅夫 訳)

 1日3時間しか働かなくていい? 政治家はボランティア? 政府が二つあって、ひとつは「改革」だけ! 教育費はタダ、「勉強」はなくて「学び」と「遊び」だけ? 18歳になったら家がもらえる? 老人の食事、交通、娯楽はみんな無料で「人生のマエストロ」と尊敬され、警察官がいないのに刑務所もない?!・・・
 主人公「僕」は、イタリアへの帰途、キルギシアという国でこの「何世紀もかけても起こりえないようなこと」「新しい社会が生まれる奇跡」に遭遇。友人への手紙という形式でその「夢の国」の旅行記を綴る。フィクションでありながら、まるで現代版「東方見聞録」のごとく、政治、教育、福祉、生活など先進国の重要課題を軽々と解決しているこの国に目を見開かれます。本書は、なによりすべての人が穏やかに、ゆたかに暮らせる社会を空想する楽しみを教えてくれ、読後、生活観が一変するライトな啓発書にもなっています。
 著者は芸術の国イタリアの映画界の大ベテランだけに、人生味にあふれた深い洞察にこころ温まります。本書は著者の「新・幸福論」としても読め、学校や職場で子どもから大人まで、社会のあり方を考え直す副教材として活用されることを切に望んでいるところです。

『誰もが幸せになる 1日3時間しか働かない国』
  シルヴァーノ アゴスティ 著 野村 雅夫 訳

ページ数:136頁
ISBN:9784838718887
定価:1,296円 (税込)
発売:2008.06.26
在庫:品切
ジャンル:文芸

購入はこちら



Online Shopping オンライン書店で購入



誰もが幸せになる 1日3時間しか働かない国