マガジンワールド


勉強革命!「音読」と「なぜ」と「納得」が勉強力とビジネス力をアップさせる (上田 渉 著)

●内容紹介
中高一貫教育の進学校に進むものの偏差値30の落ちこぼれ高校生が、
「日本の教育を変えるために政治家になろう!」と東大を目指す。
とはいえ、過去問の問題文の意味すら理解できない。
そんな著者が試行錯誤の末にたどり着いた勉強法は、「音読」と「なぜ」と「納得」の追求。

読んでも、書いても覚えられないから、音読して聴きながら勉強したら頭に入ってきた! 
まずは「現代文」から始まり、どんな文章も100回音読すればわかる、と
英語、数学ほか他の教科についても同じ方法をとりながら成績を上げていく。

また、幼いころからの「なぜ?」の答えを突き詰める探究心と
自分で「納得」したこと以外はやらない姿勢も、その勝因だった。
そして見事、東大に合格。
その後も、「声に出す音読→頭の中で声に出す音読→速音読」とテクニックには磨きがかかり、
大学生活、学生起業、新しいビジネスの立ち上げ……とつながっていく。

本書は、著者の半生をたどりながら、
著者が自ら開発&体得した「音読=耳から学ぶ」勉強法を中心に、
学生~ビジネスパ-ソンに「革命的]ともいえる勉強についての方法を説く。
単に勉強のテクニックのみならず、
将来のビジネスをも左右する勉強の仕方について紹介する画期的な勉強本。

●第1章:落ちこぼれ中高時代の勉強革命
●第2章:偏差値30からの勉強革命
●第3章:学生・社会人の勉強革命
●第4章:自ら行動を起こす勉強革命
●第5章:ビジネスのための勉強革命

●著者からのコメント
意気揚々と進学校に入った私は、高校で大きな壁にぶつかりました。
「なぜ皆同じように勉強をしなければいけないのか」
納得できない私はやる気を失い、部活動や遊びに明け暮れ、偏差値もとうとう30に。
「おまえのような落ちこぼれに行ける大学などない。まして東大など、冗談にもほどがある」
教師から完全に見放され、親にも泣かれる始末。
しかし、どの大人も答えてくれなかったこの問いの答えを“自分自身の手でつかみ取った”瞬間、
私の人生は革命的に変わり始めたのです。
きっかけは、ほんの些細なことでしたが、私の身体中に電流が走ったような感覚を覚えたのです。
あなたもこの本で、自分なりの答えを見つけて、自分の人生に革命を起こして下さい。

●著者紹介
上田 渉 (うえだ わたる)
株式会社オトバンク代表取締役社長。1980年神奈川生まれ。東京大学経済学部経営学科中退。在学中から複数のNPO(代表例は、かものはしプロジェクト)の立ち上げ・IT企業の経営を経て、2004年にオトバンクを創業し、現職。私立名門中学に入学したが、挫折し落ちこぼれる。高校3年生の時には全国模試での偏差値が30、教師からも見放されたが、音声を活用した勉強法を駆使し、2浪の後、東京大学に合格。緑内障で失明していた祖父の影響で、目の不自由な人のためにもなる仕事をやりたいと強く思うよ うになる。自身が受験時代の勉強法として活用した音声学習をヒントに、オトバンクを創業した。現在オトバンクは日本最大のオーディオブック事業者として拡大を続けている。

『勉強革命!「音読」と「なぜ」と「納得」が勉強力とビジネス力をアップさせる』
  上田 渉 著

ページ数:232頁
ISBN:9784838721146
定価:1,512円 (税込)
発売:2010.06.10
在庫:在庫あり
ジャンル:ビジネス

購入はこちら



Online Shopping オンライン書店で購入



勉強革命!「音読」と「なぜ」と「納得」が勉強力とビジネス力をアップさせる