マガジンワールド


461個の弁当は、親父と息子の男の約束。 (渡辺 俊美 著)

父子の愛情に涙する、お弁当エッセイの名作誕生。
「高校3年間、毎日お弁当をつくる!」一人息子とした約束だから、破るわけにはいきません! そうして始まった怒涛のお弁当ライフ。つくりに作った数はなんと合計461食! 二日酔いの朝も、早出の朝も、休むことなく作り続けた著者。そして、きれいに空っぽになった弁当箱を持ち帰る息子。渡辺父子がお互いの想いを伝えあってきたのはこの“お弁当”だったのです。
  地方ライブに出れば、その土地のお惣菜ネタを探し、居酒屋では味を盗み、息子のダイエットに知恵を絞る……。決して贅沢をするわけでなく、旬の食材を使った手作りの弁当には息子に伝えたい想いや教えが詰まっています。
凝り性の著者によって、見る見るうちに上達していくおかずや盛り付けのクオリティには目を見張るものがあり、そのセンスをマネしたくなります。さらに肩の力の抜けた料理作りのスタンスを知れば、お弁当デビューもしたくなるはず。秘伝の調味料や弁当作りのコツも満載。

『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』
  渡辺 俊美 著

ページ数:184頁
ISBN:9784838726530
定価:1,620円 (税込)
発売:2014.04.30
在庫:在庫あり
ジャンル:エッセイ

購入はこちら



お詫びと訂正



P182に掲載のお弁当袋の写真が間違っておりました。
文中で言及している会津綿のIIEのお弁当袋は、こちらの写真のものです。
お詫びして訂正いたします。





Online Shopping オンライン書店で購入