マガジンワールド

耳鼻咽喉科の名医と“きこえ”のプロが教える 耳が遠くなった?と思ったら読む本 (市村恵一 著 市村順子 著)

耳鼻咽喉科の名医と“きこえ”のプロが教える 耳が遠くなった?と思ったら読む本

— 市村恵一 著 市村順子 著
  • ページ数:176頁
  • ISBN:9784838731541
  • 発売:2021.06.08
  • ジャンル:健康
『耳鼻咽喉科の名医と“きこえ”のプロが教える 耳が遠くなった?と思ったら読む本』 — 市村恵一 著 市村順子 著

紙版

書店在庫をみる

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。

「相手の話をきき返すことが増えた」「騒々しい場所での会話が疲れてしまう」「テレビの音量が大きくなった」……。誰でも50代から耳が遠くなる!? 
音がきこえる仕組みから「認知症」の予防、「補聴器」をつかった最新治療まで、耳鼻咽喉科の名医ときこえのプロが「難聴」の悩みを解決します!

●50代から「聴力」は衰え始め、75歳以上の半数は難聴に!!
●なぜ「きこえ」の低下に気づきにくいの?
●「きこえ」が低下すると、脳や視覚で補う!?
●難聴になると、認知症になりやすい?
●健康長寿の秘訣は「きこえ」にあり!?
●日本人はどうして補聴器装用の満足度が低いのか?
●子どもたちは補聴器を「かっこいい!」と思っている!?
●超高齢化社会でますます補聴器のニーズは高まっていく―etc.

「きこえ」をよくして、人生100年時代を楽しく、豊かに!