マガジンワールド

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2015年 12月号 (カーサブルータス編集部 編)

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2015年 12月号

— カーサブルータス編集部 編
  • ページ数:194頁
  • ISBN:4910125411253
  • 発売:2015.11.10
  • ジャンル:ライフ・デザイン誌
『Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2015年 12月号』 — カーサブルータス編集部 編

紙版

書店在庫をみる

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

TRAVEL FOR ARCHITECTURE LOVERS
ビックリ建築ツアー!

ザハ・ハディッドやキールアーチという単語が普通に会話に出てくるなど、
今や「現代建築」の話は、日本のお茶の間ではフツーのこととなりました。
また、この秋、東京では巨匠フランク・ゲーリーの展覧会が2か所で同時開催。
ゲーリー本人(86歳)も来日し、建築熱は最高潮に達しています。
そこで今回はザハやゲーリーの作品を筆頭に世界のビックリな現代建築を大特集。
この特集を片手に今こそ「驚き」にあふれる現代建築を巡る旅に出かけましょう!

NEW NATIONAL STADIUM
緊急特集<新国立競技場>は誰がつくるのか?
●15分でわかる年表付き、ここが問題の「肝」です

FRANK O. GEHRY
フランク・ゲーリーを知っていますか?
●分解、これがフランク・ゲーリーだ!
●建築家・田根剛が案内するゲーリー展の見方・楽しみ方。
●建築で町おこしの世界的ブーム「ビルバオ効果」を知っていますか?
●新名所〈フォンダシオン ルイ・ヴィトン〉これが10の見どころです。
●LAにあるゲーリーのスタジオで本人を直撃インタビュ-。
●巨匠ゲーリーの本拠地、LA建築ガイド。
●ゲーリーの最新作〈フェイスブック本社〉公開!

COOL JAPAN ARCHITECTS
ニッポン最大の輸出品は「建築家」です。
●世界中のランドマークを日本人がデザインしています!
●日本人建築家が、世界中で活躍しています。
●藤本壮介&OMA重松象平。次世代を担う二人に聞いた、未来の建築。
●海へ、山へ、街へ!ニッポンの現代建築を見に行こう!
伊東豊雄、藤森照信、中村拓志etc…の最新作へ!

SUPER MODERN ARCHITECTURE IN THE WORLD
世界の「NEW現代建築」を巡る旅へ。
●ジョージア(旧グルジア)には、なぜビックリ建築が多いのか?
●スケールもアイデアもビッグな世界の現代建築へ!
●AppleからGoogle本社まで!これが未来をつくる次世代建築です。