マガジンワールド

最初に夜を手ばなした (椿 冬華 著)

最初に夜を手ばなした

— 椿 冬華 著電子版あり
  • ページ数:48頁
  • ISBN:9784838730872
  • 定価:1,320円 (税込)
  • 発売:2020.03.12
  • ジャンル:エッセイ
『最初に夜を手ばなした』 — 椿 冬華 著

紙版

書店在庫をみる

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。

ツイッターで投稿後、たちまち3万越えの反響!
難病を抱えた少女の力強い生き方に感動の声、続々。
★「Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium」(2020/3/7放送)で紹介されました。
★四国新聞(2020/3/18)にて「障害 人ごとではない」の見出しで紹介されました。

-------------------------------------------
弱視ろうであるわたしの半生を絵本にしてみました。
みなさんにとっても決して無関係ではないので、
ぜひ読んでみてください。
-------------------------------------------

生まれつき聾唖で
だんだん目も見えなくなっていく
アッシャー症候群を患い、
夜を手ばなし、昼を手ばなし、
冒険心も、大好きな本も手ばなしていく。
できていたことができなくなっていく絶望感の中で、
タブレットで本を読み、
スマートフォンで会話をし、
やがて見えなくなる世界を
アプリを通して全力で記憶する。
音もなく、トイレットペーパーの芯を覗くような視野で見える世界が、
どれほど愛おしいものなのか――
著者の心からの願いが一冊の絵本になりました。

失ったものは二度と戻ってきません。
「今」を後回しにしていませんか? 
(あとがきより)

作者の椿さんは、耳が聞こえなかった。
そこに目もだんだん見えなくなってきた。
そのことを椿さんは、
「夜を手ばなした」と表現している。
なんという美しい表現でしょう。
椿さんは諦めない。
私は椿さんの個性を、うらやましく思います。
(黒柳徹子さんからのコメントより)