マガジンワールド

すべての瞬間が君だった きらきら輝いていた僕たちの時間 (ハ・テワン 著 呉 永雅 訳)

すべての瞬間が君だった きらきら輝いていた僕たちの時間

— ハ・テワン 著 呉 永雅 訳電子版あり
  • ページ数:264頁
  • ISBN:9784838730995
  • 定価:1,540円 (税込)
  • 発売:2020.05.28
  • ジャンル:エッセイ
『すべての瞬間が君だった きらきら輝いていた僕たちの時間』 — ハ・テワン 著 呉 永雅 訳

紙版

書店在庫をみる

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。

韓国でたちまち
大ベストセラー50万部突破!


これは、韓国のSNS、エンタメ業界が熱狂した
胸がしめつけられるほど甘く、もどかしい運命のお話――。

あのK-POPアイドルも愛読と噂される、
不器用ながらも温かい恋と人生と「君と僕」を
みずみずしく綴った、心に染みわたるエッセイ――。

「こんなにめちゃくちゃで勝手な世の中を
しょっちゅう悲しみ
ときどき笑いながら
耐え抜いているあなたは
もしかしたら本当にすごい人なのかもしれない」


* * * * *

日本の読者のみなさんへ、著者からのメッセージ

『すべての瞬間が君だった』の著者ハ・テワンです。

日ごろから、旅行に出かけたい国は?と尋ねられると、
なにはともあれ決まって日本と答えていました。
日本文化のもつ繊細さや、きめの細かい色使いなどに、
強く惹かれるものがあるのかもしれません。

僕のつたない思いを文字にしたものが、
日本の読者のみなさまにとって、ささやかながらも
心癒されるものとなれば幸いに思います。

あなたの時間はけっして無駄なものじゃない。
僕らの今日という1日は、
けっして無意味なものじゃなかったのです。


――ハ・テワン

* * * * *

きみだけだ

きみがどんな人か知りもしない人が

きみを苦しめるために、わざわざ吐き出した言葉を

いつまでも胸の奥に留めておくと

最後にダメになってしまうのはきみなんだよ。

だからどうか折れないでほしい。

傷つかないでほしいんだ。

* * * * *

不思議な日

わけもなくこんな気分になる日ない?

誰かをぎゅっと抱きしめて泣いてしまいたい日。

でも笑っちゃうのは

きまってそういう日は

ぼくの隣に誰もいない。

ほんとうに。

* * * * *

最後はきみが勝つのさ

すべてにおいて
無条件にトップを目指そうと欲を出せば
そのプレッシャーに耐えかねて
倒れてしまうにきまってる。

きみはそれ以上でもそれ以下でもない
今できるだけのことをすればいい。

きみの能力が足りないからといって指を差してくるような人たちは
自分の下しか見ていない人にすぎない。

きみはただ
できるかぎりのことを続けながら
少しずつ、本当に少しずつ、上昇していけばいい。

一番大切なのは
その瞬間と状況にベストをつくすことだから。

負けたって関係ない。
上を見続けて、少しずつ向上していけば

結局最後に勝つのは
きみなんだから。

* * * * *