マガジンワールド

パリの空の下で、息子とぼくの3000日 (辻仁成 著)

パリの空の下で、息子とぼくの3000日

— 辻仁成 著
  • ページ数:300頁
  • ISBN:9784838732074
  • 定価:1,980円 (税込)
  • 発売:2022.06.30
  • ジャンル:エッセイ
『パリの空の下で、息子とぼくの3000日』 — 辻仁成 著

紙版

書店在庫をみる

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。



★★予約殺到につき発売前重版出来★★

幸せというものは、欲ばらない時にすっとやってきて
寄り添う優しい光のようなものじゃないか。


ぼくが離婚をしたのは息子が10歳になったばかりの年だった。
本書は14歳の頃からスタートするが、回想するように、息子が10歳だった当時に遡ることもある。
小学生が大学生になるまでの間の父子の心の旅の記録である。


ぼくは父であり、母であった。
シングルファザーになったあの日から 




目次


まえがきに代えて  

2018 息子14歳  
2019 息子15歳
2020 息子16歳    
2021 息子17歳     
2022 息子18歳    

あとがきに代えて