マガジンワールド

茶味空間。 茶で読み解くニッポン (千 宗屋 著)

茶味空間。 茶で読み解くニッポン

— 千 宗屋 著
  • ページ数:192頁
  • ISBN:9784838724499
  • 定価:2,052円 (税込)
  • 発売:2012.07.09
  • ジャンル:その他
『茶味空間。 茶で読み解くニッポン』 — 千 宗屋 著

紙版

書店在庫をみる

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。

「見立て」って何? 「松花堂弁当」の由来とは?

「曼荼羅(まんだら)」には何が描かれている? 「千 利休」ってどうしてスゴいの?

2007年から4年間にわたり雑誌『Casa BRUTUS』にて連載された千 宗屋氏の「茶味空間(ちゃみくうかん)。」毎号、あるひとつのテーマを掲げながら、日本文化の森羅万象を茶の湯の視線をとおして分かりやすく解説しました。この人気連載をまとめ、加筆し、一部新規原稿を加えたこの単行本。茶道具はもちろんのこと、日本美術史、骨董、現代アートに至るまで幅広い知識をもち、現代の茶の湯を牽引する若き異能茶人、千 宗屋氏による解説はまさに“目からうろこ”もの。日本人でも深くは理解していなかったさまざまな事象が、分かりやすく読み解かれます。それぞれの話題に添えられた美しいビジュアルも見どころのひとつ。

さらに書籍だけの特典として、利休の創案とされる、通常一般には入る事が許されない国宝茶室「待庵」で行われた現代美術家・杉本博司氏との刺激的対談「利休とマルセル・デュシャン」も収録。

お茶を知らない人、デザインやアートに興味のある人、日本を深く知りたい人、必読の本です。