マガジンワールド

Casa BRUTUS特別編集 長く使いたい暮らしの道具。 (マガジンハウス 編)

Casa BRUTUS特別編集 長く使いたい暮らしの道具。

— マガジンハウス 編電子版MOOK
  • ページ数:124頁
  • ISBN:9784838750979
  • 定価:1,296円 (税込)
  • 発売:2016.03.31
  • 在庫:在庫あり
  • ジャンル:実用
『Casa BRUTUS特別編集 長く使いたい暮らしの道具。』 — マガジンハウス 編

紙版

書店在庫をみる

デジタル版

詳しい購入方法は、各電子書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本の電子版を扱っていない場合があります。ご了承ください。

長く使いたい暮らしの道具。 職人による丁寧な手仕事と、その手によって生まれた、長く愛される伝統的な工芸品たち。 美しく、そして、長く使いたくなる暮らしの道具には必ず、それぞれの風土で培われてきた語られるべき歴史があり、つくり手の深い想いが宿っています。 100年後も続くような日本のものづくりを再発見しに、中川政七商店と一緒に、職人たちの現場に足を運んでみました。 日本のものづくりとニッポンのデザイン。 8人のクリエイターが語る「マイベスト工芸」 日本のものづくりの産地をめぐる旅 【奈良】奈良のモダンな日用品。 【波佐見】400年の歴史が支える波佐見の器。 【山中】魯山人ゆかりの山中の漆器。 【盛岡】盛岡の美しい鉄器づくり。 【京都】歴史が香る京都のお香の世界。 ものづくり対談 立川祐大×中川淳 日本の工芸へのメッセージ 松岡正剛、木村宗慎 【高知】森林の恵みをうけた高知の木工。 【高岡】鋳物の街、高岡の新たな挑戦。 【能美】能美・九谷焼の伝統と未来。 【燕三条】金属加工の聖地、新潟・燕三条。 【豊岡】国内唯一のかばんの産地、豊岡。 【有松】中川政七商店と訪れた絞りの街、有松。 毎日使いたい暮らしの道具。 奈良晒の今と昔、これから。 中川政七商店300周年ニュース。 縁起物でおみやげクルージング …


お詫びと訂正

本書の一部に誤りがありましたので、お詫びして訂正いたします。

◯表紙の英字表記
(誤)NOUMI (正)NOMI
(誤)TSUBANESANJO (正)TSUBAMESANJO 

◯101ページの53、にじゆらカレンダーの価格
(誤)800円 (正)7,500円 

◯115ページの上段写真の説明文
(誤)善福寺ススム (正)善養寺ススム