マガジンワールド


【貝印×コロカル ものづくりの未来モデル】淡路島美術大学

【貝印×コロカル ものづくりの未来モデル】淡路島美術大学

主宰の岡本純一さんは、東京では現代美術作家として活動していた。資生堂ギャラリーで展覧会を開くなど、その活動は順調であったが、あるとき、淡路島への移住を決めた。

→ http://colocal.jp/topics/think-japan/kaijirushi/20140114_28409.html