マガジンワールド

実家の片づけ 親が元気なうちにしておくこと (マガジンハウス 編)

実家の片づけ 親が元気なうちにしておくこと

— マガジンハウス 編電子版MOOK
  • ページ数:84頁
  • ISBN:9784838752898
  • 定価:900円 (税込)
  • 発売:2018.07.30
  • ジャンル:実用
『実家の片づけ 親が元気なうちにしておくこと』 — マガジンハウス 編

紙版

書店在庫をみる

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。

片づけ実例充実、帰省を実りあるものにするための1冊。

片づけることは、やがて来る相続をスムースに行うことに直結。
でも、実家の資産状況を知りたいからと、たまの帰省でいきなり相続話題を持ち出すと微妙な空気に。

親を不機嫌にさせず、片づけや相続準備のスイッチを押す言葉とは?
『老人の取扱説明書』の平松類医師と、実家片づけアドバイザー渡部亜矢が教える。

東京、静岡、宮崎の5件の片づけ現地ルポで、何が揉めるのか、苦労なのか。実例から学ぶ。

親が元気なうちの片づけは、相続準備の第一歩であるだけでなく、
実家の防災にも、親の健康寿命を延ばすこと(=介護期間を減らすこと)にもつながるので、
結果は親子ともWINWIN。

家族信託、実家のペット問題、義実家の片づけの心得もわかる、帰省前に必読の1冊。

ほかにもどこの家庭でも起こりうる、こんな問題を取り上げた。
・防災は片づけの最大のきっかけ
・遺品整理より生前整理。
・他人嫌いな親の家に業者を入れる。
・男親と女親で刺さる言葉は違う。
・不用品ハウマッチ?
・人形や布団。捨てにくいものの捨て方。
・デジタル遺品どうしよう。
・相続放棄と空き家問題。