マガジンワールド

Hanako CITYGUIDE 自由が丘 百科事典。

Hanako CITYGUIDE 自由が丘 百科事典。

MOOK電子版あり
  • ページ数:100頁
  • ISBN:9784838753901
  • 定価:750円 (税込)
  • 発売:2019.10.07
  • ジャンル:ガイド
『Hanako CITYGUIDE 自由が丘 百科事典。』

紙版

書店在庫をみる

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。

自由が丘百科事典。

スイーツ調査日誌。
自由が丘丸ごと!パン大図鑑。
自由が丘 街歩きガイド2019
いまも、むかしも、これからも。自由が丘ものがたり
<自由が丘お仕事FILE>ポパイカメラ/玉川屋/西村文生堂/花きゃべつ
自由が丘マップ。

BOOK in BOOK
自由が丘リビングガイド

【ドリンク】おいしいドリンクがあると、街歩きが楽しい。
【アジアン】異国の香りに誘われて、ついつい寄り道。
【カフェ&バー】昼と夜の顔は、ちょっとだけ違う。
【ホテル】旅人気分でこの街に泊まると、違う景色が見えてくる。
【和食】丁寧に向き合うことをごはんに教わる。
【町中華】おいしい中華料理屋がある街は、いい街な気がする。
【バー】カウンター越しのちょうどいい距離感。
【イタリアン】お肉も野菜も欲張りにおいしく。
【居酒屋】楽しいとおいしいは直結していると思う。
【デパート】ずっとあのレトロデパートを探訪してみたかった。
【ビストロ&バル】「これは恋人と来る店だったね」と友達と笑う夜。
【フレンチ】うれしいことがあったから、特別な一皿を。
【パフェ】羨ましがられるほど、贅沢したい。
【銭湯】この街ですっぴんになるのが、こんなに気持ちいいなんて。
【花屋】花や緑を取り入れるようになって生活が癒された。
【手みやげ】お気に入りの逸品は、好きな人にも食べてほしい。
【コスメ】少しずつキレイになる。それがうれしくてまた通う。
【インテリア】自分のものだから、いつまでも悩める愉しさ。
【家電】実家にプレゼントするなら、充分に吟味して選びたい。
【ちょい飲み】「ほんのちょっとだけ」と誘えるのがちょうどいい。