マガジンワールド

Dr.クロワッサン 心が弱ったときのツボストレッチ。 (柳本 真弓 監修)

Dr.クロワッサン 心が弱ったときのツボストレッチ。

— 柳本 真弓 監修電子版MOOK
  • ページ数:84頁
  • ISBN:9784838752478
  • 定価:850円 (税込)
  • 発売:2017.10.16
  • ジャンル:健康
『Dr.クロワッサン 心が弱ったときのツボストレッチ。』 — 柳本 真弓 監修

紙版

書店在庫をみる

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。

肩こり、腰痛、ダイエット……、
ツボは体をよくしたいときに押すものと決めつけていませんか。
イラっとしたとき、むなしいときなどにも、
ツボは効果を発揮します。
体の中には、脳や心臓といった臓器につながる通り道が何本もあって、
その中をエネルギーが走っています。
そのエネルギーによって、血やリンパなどが運ばれ、
体の中をぐるぐると回ることによって、生命活動を行っています。
気持ちよく巡っているはずのエネルギーの流れが乱れると、
むかつく、さみしいといったマイナスの感情が起こりやすくなります。

エネルギーの通り道にあるツボを刺激して、
むかつきの原因となったエネルギーの乱れを整えることで、
マイナスの感情も起こりにくくなります。

心が弱ったときに効果的なツボをたくさん紹介しています。
ツボというと、ハードルが高そうですが、
押して気持ちいいところを押してみてください。
ツボの位置や押す回数などに神経質になる必要はありません。
温めてもいいし、叩いてもいい、こすってもいい。
とにかく、気持ちよければ、それがいちばん。

精神的に弱っているときというのは、
体にも不調が起こっている可能性があります。
心に効くツボを刺激することで、
体の不調も治せたら一石二鳥ですよね。
たとえば、イライラに効くツボを刺激すると、
頭痛やめまいといった体の不調にも効きます。

心と体は表裏一体なのです。
眠る前に、今日一日の心の疲れもリセットしてみてください。