マガジンワールド

日本の礼儀作法 宮家に伝わる7つのおしえ(マガジンハウス新書) (竹田恒泰 著)

日本の礼儀作法 宮家に伝わる7つのおしえ(マガジンハウス新書)

— 竹田恒泰 著
  • ページ数:272頁
  • ISBN:9784838775064
  • 定価:1,300円 (税込)
  • 発売:2022.05.26
  • ジャンル:エッセイ
『日本の礼儀作法 宮家に伝わる7つのおしえ(マガジンハウス新書)』 — 竹田恒泰 著

紙版

書店在庫をみる

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。


<マガジンハウス新書創刊第3弾>
「礼儀」は日本人の美徳の原点です。
箸の持ちあげ方から挨拶の仕方、礼装の着こなし方まで、
人生を豊かにする礼儀作法の決定版!


本書は、日本人にとって必要な礼儀作法を網羅した本である。単に作法を羅列するのではなく、一つひとつの作法の意味を分かりやすく解説し、礼儀作法が自然と身に付くように留意した。
また作法の範囲も、食事や動作は固(もと)より、言葉、敬語、付き合い、お金、服装、生き方に至るまでを包括した。
「礼儀作法」と聞くと構えてしまう人もいるかもしれないが、本書は楽しみながら読めるように工夫してあるので、読み物として楽しんで頂けたら幸いである。<中略>
礼儀作法を知る意義は、単に「恥をかかない」ということに留まらない。礼儀作法を知ることは、人生の可能性を広げ、人生を豊かなものにすることに繋がる。
礼儀作法の基本は「相手を敬う心」であり、そのような心持ちで日々過ごすことは、実に清々しい。そのことは、本書を読み進めて頂ければ納得して頂けるのではないか。
……(「まえがき」より)

明治天皇の玄孫に当たる作家が、「日本人なら知っておきたい、日本の礼儀作法」をテーマに、自身が教え育てられたこと、これまでの経験をまとめた一冊。
作法は決して古臭い過去のものでもなければ、堅苦しくてつまらないものでもない―。
未来に向けて発展する創造的なものであり、人々の付き合いを円滑にし、人生を豊かにする、「魔法の法則」なのです!
※ロングセラーの単行本が、新書版にアップグレード!

●「いただきます」と「ごちそうさま」
● 箸の上げ下げで人生が決まる
● 究極の礼は神様への礼
● 「御所ことば」から学ぶ挨拶の極意
● 敬語は何のためにあるか
● もてなす心得、もてなされる心得
● お金を貸すくらいならあげてしまえ
● 服装の醍醐味はフォーマルにあり etc.