マガジンワールド

YUCARI vol.25 日本の海と山 (マガジンハウス 編)

YUCARI vol.25 日本の海と山

— マガジンハウス 編MOOK
  • ページ数:100頁
  • ISBN:9784838750931
  • 定価:700円 (税込)
  • 発売:2016.03.19
  • 在庫:在庫あり
  • ジャンル:実用
『YUCARI vol.25 日本の海と山』 — マガジンハウス 編

紙版

書店在庫をみる

詳しい購入方法は、各電子書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本の電子版を扱っていない場合があります。ご了承ください。

日本は、約6,800の島々からなる島国です。国土の約70%が山であり、森林資源に恵まれていることは社会科の授業で習ったと思います。川は急流が多く、渓谷を作り、海岸線は複雑に入り組んでいます。それため、世界61位・約38万㎡という面積に比べ、驚くほど海岸線が長いのです。計測方法によって違いがありますが、日本の海岸線は約3万kmとも3万4,000kmとも。同じく国境がすべて海岸線であり、日本の約20倍の面積があるオーストラリアよりも長いのです。さらに南北に長い国土は気候が区分され、明確な四季は多彩な植生を育み、北は北海道・東北から南は九州・沖縄まで、各地に特有の海と山からの恩恵をもたらしています。 今回、『YUCARI』は日本の海と山の暮らしの原点を訪ねて、長崎県の対馬に行ってきました。島の89%が山地で森は原始から変わらぬ姿を残しています。対馬海流が流れる多様性に富んだ対馬の海は、リアス海岸が作る複雑な入り江に恵みを与えてくれます。豊かな自然とそれを活用する人々の暮らし。海と山のつながりを理解し、恵みの循環を踏まえた暮らし。対馬には、私たちが忘れていた日本の暮らし、ある意味新鮮な活き活きとした暮らしが溢れていました。 「日本の海と山」特集、美しい風景とともに、海と山の暮らしを感じてみてください。 …