マガジンワールド

YUCARI vol.27 歌舞伎への誘い (マガジンハウス 編)

YUCARI vol.27 歌舞伎への誘い

— マガジンハウス 編MOOK
  • ページ数:100頁
  • ISBN:9784838751273
  • 定価:700円 (税込)
  • 発売:2016.07.20
  • 在庫:在庫あり
  • ジャンル:実用
『YUCARI vol.27 歌舞伎への誘い』 — マガジンハウス 編

紙版

書店在庫をみる

詳しい購入方法は、各電子書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本の電子版を扱っていない場合があります。ご了承ください。

英国でシェイクスピアが活躍し、イタリアにオペラが成立した同じような時代に、歌舞伎は誕生しました。出雲阿国(いずものおくに)という女性発案の「かぶき踊り」が始まりといわれています。その後、遊女歌舞伎や若衆歌舞伎が登場しますが、その都度、風俗の乱れを理由に江戸幕府が禁止し、男性だけの「野郎歌舞伎」へと移行していきます。 元禄期には、江戸歌舞伎、上方歌舞伎と東西で発展。江戸の代表は隈取りをして見得を切り、六方を踏む「荒事」の初代市川團十郎。上方は優美な芸の「和事」を得意とした初代坂田藤十郎。歌舞伎は、伝統を受け継ぎつつも時の流れとともに変容するのです。 近年では、1986年に二代目市川猿翁が現代風のスーパー歌舞伎を披露。続いて四代目市川猿之助がスーパー歌舞伎Ⅱへと昇華させ、昨年はあの「ワンピース」を上演、主人公・ルフィを演じました。十八代目中村勘三郎の平成中村座は、新しい若いファンを獲得に貢献、今日では子たちに受け継がれています。 歌舞伎は、誕生当時から根底にある庶民のパワー、反骨精神を失うことなく、それでいて時代とともにいつも進化しています。伝統芸能でありながら、常に時代の最先端! それが歌舞伎だと思います。 「YUCARI」27号の特集は「歌舞伎への誘い」です。 <特集内容> ・いつでも時代の最 …