マガジンワールド


207号:レッツ美味しい家庭訪問! ホムパ来る? 行く行くー♡

レッツ美味しい家庭訪問!
ホムパ来る? 行く行くー♡

ホームパーティの達人と噂のお宅への家庭訪問を(勝手に)敢行。
ごはんが美味しいのは当たり前、インテリアやパフォーマンスが心地よく、This is ホスピタリティ。
ステキなレシピも教えてもらったので、今週末にでもレッツ・トライ!!

Photo: Keiichiro Muraguchi
Text&Edit: Junko Nakahama

 

Recipe theme:
タイ料理+大連餃子

臼井 悠さん
スナックアーバン ママ

東南アジアの食卓のようなにぎにぎしさに沸くのは、平成の文壇バー「スナックアーバン」のママさん宅。まるでお店のように次々と繰り出されるアジア系料理は、悶絶するほど美味。都内でタイ+中国料理を習っているほか、休みのたびにアジア各国を訪れ、現地の味を実地で覚えてくるそうだ。「ソースさえ作っておけば、その場で和えるだけ。アジア料理ってパーティ向きなんです」。馬力のいる大連餃子は、ゲストも動員。これがアトラクションとなって盛り上がるし、自分の作ったものは旨さひとしお。それにしても開けたお酒の本数といったら……。

gz-food207-01


gz-food207-03


Recipe 01:
大連餃子

ニラ、ネギ、生姜、ニンニクのみじん切りに少量の豚肉を加えて餡を作る。生地を直径1.5cmぐらいの球状に丸め棒で直径6cmぐらいにのばして餡を包む。皮の上部を合わせてから、脇を舟型にたくし込む独特のスタイル。



Recipe theme:
スリランカ料理と
母直伝イギリスの味、トライフル

金森 香さん
THEATRE PRODUCTS プレス

「料理が大好き。平日は帰宅が遅く、夕食に手がかけられず欲求不満になっているので、休日は昼夜ノンストップでホムパすることも」という金森さん。メニューは幅広いが、最近凝っているのが、昨年旅した際に料理教室で覚えたスリランカのカレーや炒めもの。ココナッツミルクを効かせた味は、エキゾチックなのに懐かしい不思議なおいしさ。ひいおばあさまの代からある建物をベースにした自宅は、クラシック、モダンを取り交ぜた器の宝庫で、それがエスニックな料理としっくりマッチ。滞英経験のあるお母さま譲りのお菓子「トライフル」も鉄板だ。

gz-food207-07



Recipe 02:
トライフル

カスタードクリーム、くだいたクッキー、生クリームを層にして、いろいろなフルーツをのせるイギリスのおやつ。この日は、ブルーベリー、ラズベリーなどをたっぷり。おばあさまゆずりのハンガリーの器が映える。

gz-food207-08



ホムパの楽しさがぎっしり詰まった本誌P.106もあわせてチェック。