マガジンワールド


逗子でしか手に入らない、薫り豊かなパンと地ビール。

手みやげをひとつ (253)

ヨロッコビールのポーター

パラダイス アレイ ブレッドカンパニーのパン

逗子でしか手に入らない、薫り豊かなパンと地ビール。


ヨロッコビールのポーターとパラダイス アレイ ブレッドカンパニーの
ヨロッコビールのポーターとパラダイス アレイ ブレッドカンパニーの
 
現在、神奈川県逗子市にアトリエを構えている平尾香さん。手みやげは、やっぱり地元のものが喜ばれるという。

「湘南、逗子、鎌倉周辺は美味しいものが多いですからね。おすすめは『B&B』。“Bread&Beer”の略なんですが、パン工房と地ビール工房が同じ場所にあり、セットで手みやげにしています」

2012年秋、以前、こんにゃく工場だった物件を改装し、鎌倉の人気のパン屋『パラダイス アレイ ブレッドカンパニー』と、小さなビール醸造所の『ヨロッコビール』がシェアリングし、『B&B』としてオープンした。

「そこに行かなければ買えないし、いつも同じパンや地ビールがあるとは限らないんですけど、それがまた魅力なんです。今日も撮影用に適当にセットを作っておいて、とお願いしてたんですが、いつもより種類を多く作ってあって、「好きなの選んでって!」って飛び切りの笑顔で。結局、私が見繕って(笑)。地元ならではの友だち感覚が良いんですよね」

で、今日あったパンと地ビールがこちら。手前が「あんぱん」で後ろが「チョコとカレンツとクランベリーのパン」。どちらも天然酵母の手作りで、もっちりとした弾力があるのが特徴だ。そして、そのパンに合うからと選んでくれたのが、数種類ある地ビールの中でも一番コクがあって苦味の強い黒の「ポーター」だ。

堅めのしっかりしたパンは、噛めば噛むほど旨味があって、程よい酸味と天然酵母の香りに、思わず笑顔になってしまう美味しさ。そして、そこに黒ビールをゴクリ。ロースト麦芽のコーヒーのような香りと、モルトの豊かな味わいが広がって、ああ、幸せ!

「休日のランチに最高なんです。パンは、頼めばオリジナルの絵で作ってくれるんですよ。お祝いとかにも便利です」

平尾香さん

ひらお・かおり イラストレーター
平尾香さん
平尾香さん
制作会社、嵯峨美術短期大学助手を経てフリーのイラストレーターに。世界的ベストセラー『アルケミスト 夢を旅した少年』や『ベロニカは死ぬことにした』の挿画を担当。著書に『たちのみ散歩』など。



ブレッド アンド ビアー●神奈川県逗子市久木3・7・2 〈ヨロッコビール〉営業時間 11時~19時、月曜休。ポーター 330ml 450円。http://www.yorocco-beer.com/ 〈パラダイス アレイ ブレッドカンパニー〉営業時間 7時~売り切れまで。月・火曜休、不定休。あんぱん200円、チョコとカレンツとクランベリーのパン500円。

撮影・岡本 潔 文・沖さち子