マガジンワールド


鎌倉ツリープの潮風のこみちクッキー

手みやげをひとつ (285)

temiyage_box

鎌倉ツリープの潮風のこみちクッキー

作り手の心が伝わる地元のお菓子、その思いも手渡したい。


鎌倉ツリープの潮風のこみちクッキー

 
イギリスの歴史に残るふたりの女王がいる。かたや愛する男すら処刑して国を守り、もうひとりは国より恋に殉じる。同時代に対照的な生き方をした女たちを描いた、舞台『メアリー・ステュアート』にエリザベス1世役で出演する、神野三鈴さん。相手役のメアリー・ステュアートを中谷美紀さんが演じる。

「二人の間に鏡を置くと、逃れられない女性の悲しみや喜びが見えるんです。歴史物語ではなく、いま、母や妻、上司や部下、いろんな役割を担っている私たちの姿が重なると思うんですね」

と神野さん。舞台では全身全霊、共演者と魂をぶつけあいたいという神野さんだけれど、舞台を離れるとよく笑い、おいしいものに弱い。

「薬膳料理の研究家だった亡き母の影響もあり、姉は阿蘇の麓で野菜を栽培しているんです。そのような一家なので、私も料理や食べることが大っ好き!」

手みやげにと選ぶのが、住まいの近くにある鎌倉ツリープの「潮風のこみちクッキー」。伊豆大島の伝統的な手法で作った海塩、オーガニックのナッツ、カナダ産メープルシュガー、国産小麦。安全で質のいい素材ばかりを選んで、ハンドメイドした贅沢なお菓子。

「ざくざくしたナッツや、表面に散らされたつぶつぶの塩がなんともいえなくて。小腹がすいたときにちょうどいいの。お子さんがいる家庭や、甘いものが苦手な男性にも喜ばれますね」

自分が食べておいしいと思ったもの、安心できるもの、できれば「地元のお菓子です」と自慢できるものがいい、と。

「鎌倉駅でこみちクッキーとコーヒーを買って、グリーン車の中で台本に目を通しながらのコーヒーブレイクがちょっとした贅沢、密かな楽しみなんです」

神野さんの役作りにもちょこっと関わっているクッキーなのだ。

神野三鈴さん

かんの・みすず 女優

神野三鈴さん

イギリスで演劇を学び、本格派女優として活躍。この夏出演の舞台『メアリー・ステュアート』(6月13日〜7月5日 東京・パルコ劇場)は大阪、広島、名古屋、新潟、福岡でも順次公演。http://www.parco-play.com/



かまくらツリープのしおかぜのこみちクッキー●神奈川県鎌倉市由比ガ浜2・5・22(ツリープ由比ガ浜ストア) ☎0467・61・1433 賚10時30分〜18時(土曜〜17時)、日曜休。鎌倉市内、藤沢市内に取り扱い店が数店舗ある。写真のパッケージは5枚入り639円。10枚、20枚入りも。インターネットでも購入可。
http://www.treep.jp/store/komichi/

撮影・青木和義(商品) 文・室田元美