マガジンワールド


ナッツ専門店「Groovy Nuts」のベーコンスモークドナッツ、ローストハニーナッツ

手みやげをひとつ (311)

temiyage_box

ナッツ専門店「Groovy Nuts」ベーコンスモークドナッツ、ローストハニーナッツ

抜群の味のナッツは、体にもいいのがうれしい。


temiyage_main

 
「手みやげは、自分が本当に好きなもの、相手の気持ちに応えられるものを渡したい。だから、相手を訪問する当日には間に合わず、後日送ったこともあります」

そう話す作家の青木奈緖さん。東京・中目黒のナッツ専門店『グルーヴィナッツ』に出合ってからは、そうしたことも少なくなったそうだ。2014年オープンのこの店では、オーナー自ら国内外をまわって厳選した、約30種類のナッツを量り売り式で購入できる。

「ナッツって、見た目だけでは味の良し悪しは分からないでしょう。でも、ここのものは圧倒的においしい。他と食べ比べてみると、差がはっきりするんです」

以来、特に好きだというピーカンナッツ、カシューナッツ、カボチャの種などを自宅にも常備しているという。

「夫とおやつに食べたり、お客様がいらした時に、食後のお茶と一緒に出したり。カボチャの種は、原稿がうまく進まなくて、口寂しくなった時の気分転換のお供です(笑)。一粒が小さいからお腹も膨れずにすむし、食べ過ぎにさえ気をつければ、ナッツは健康にもいいですしね」

お店で大人気なのが、オリジナルフレーバーのミックスナッツ。ローストハニーは上品な甘さ、ベーコンスモークドナッツは、自家製ベーコンと一緒に燻した深い味わいで、お酒にもぴったり。この2種類にピーカンナッツを加えた詰め合わせが、青木さんの手みやげの定番だ。

「持って行くのにも軽くてかさばらないし、生ものではないのもお互いに安心。もちろん、ホームパーティーなどでは、その場で手を汚さずにさっと開けて、おつまみにしてもらうこともできますし。とにかく使い勝手がいいんです」

渡した相手から後日、「自分でもお店に行ってナッツを買ってみた」と言われることも多いという。心からおいしいと喜んでもらえた、何よりの証拠だろう。

青木奈緖さん
あおき・なお 作家

temiyage_ph

学習院大大学院修士課程修了。ウィーン留学を経て、ドイツに滞在。1998年に帰国、『ハリネズミの道』で作家デビュー。エッセイや小説、翻訳など多数。幸田露伴は曽祖父、幸田文は祖母。青木玉は母。



グルーヴィナッツ●東京都目黒区東山1・1・5東山ATビル102 ☎03・6451・2293 営業時間 11時〜20時、無休。ともにSサイズ(50グラム)400円〜。量り売りのナッツは全種類100グラム580円。他にロースト、カカオ、トリュフのフレーバーも。鎌倉店もあり。取り寄せ可。
http://groovynuts.jp/

撮影・森山祐子 文・嶌 陽子