マガジンワールド


見て楽しい、使ってうれしい。限定パウダーで春が来る!

〔Hanako/Hanacomme ça/Beauty〕
右・ほんのりツヤのあるハーフマットな仕上がりで、透明感をアップ。メイク直しにも大活躍。ジバンシイ プードル・ルミエール7600円(限定品)(パルファム・ジバンシイ ☎03・3264・3941) 左・多くの色を混ぜ合わせることでニュアンスのある肌に。皮脂を吸収するので崩れにも強い。RMK スプリングサーカス フェイスカラー5800円(限定品)(RMK Division フリーダイヤル0120・988・271)
まだまだ寒さは続くけど、コスメの世界はもう春。ズラリ並んだ春の新色にウキウキして、「あのリップ、いいな」「あ、こっちのシャドウも」とつい欲張りになるのが女心というもの。そんな中、見逃せないのが愛らしい限定パウダー。見て楽しく、使ってうれしい、1粒で2度おいしいアイテムはときめき必至!

まずはRMK。表面を飾っているのは、春夏コレクションのテーマ、「サーカス」のヒロイン。カラフルなデザインは、思わず「可愛い!」と声を出してしまいそうな吸引力にあふれている。でも、こちらのお粉、スゴイのは見た目だけじゃない。ブラシで混ぜてのせれば、一瞬にして明るくツヤやかな肌に。夜更かしした翌朝なんかにつけると、即、顔が復活するからお試しを。またブロンズ部分をアイシャドウにしたり、ホワイト部分をハイライトにしたりと部分使いもOK。持っているとメイクの引き出しを増やしてくれる、懐の深さが魅力だ。

もう一つは、ジバンシイのパウダー。クチュールのレースをイメージしたという型押し模様が何とも繊細で、眺めているだけでレディな気分になれるはず。えっ、使うのがもったいないって!? いえいえ、このお粉も使ってこそ真価を発揮する一品。のせた瞬間、肌がクリアになって、幸せオーラに包まれる。でありながら、ピンクにありがちなトゥーマッチな甘さがなく、おしゃれっぽい雰囲気がキープできるのもいいところ。というのもこのパウダー、ピンクの色みとテクスチャーが絶妙。赤みが強すぎないクール感のあるカラーと、本当に細かいパールで、肌本来の質感を残しつつナチュラルな光感をプラスしてくれる。

パウダーで春を先取り、おすすめです!

 
右・ほんのりツヤのあるハーフマットな仕上がりで、透明感をアップ。メイク直しにも大活躍。ジバンシイ プードル・ルミエール7600円(限定品)(パルファム・ジバンシイ ☎03・3264・3941) 左・多くの色を混ぜ合わせることでニュアンスのある肌に。皮脂を吸収するので崩れにも強い。RMK スプリングサーカス フェイスカラー5800円(限定品)(RMK Division フリーダイヤル0120・988・271)


入江信子/ビューティエディター。女性誌、美容誌などで記事を企画執筆。春になったらベースメイクもより軽く、ナチュラルにと画策中。

 
photo: Akiko Mizuno
Hanako1103号「Hanacomme ça」掲載