マガジンワールド

Hanako No. 1226 試し読みと目次

今日も町のレストランやワインスタンドには人があふれ、そこにはにぎわう場に欠かせないアイテムとなったワインが。楽しく飲む! が正解。でも、楽しければ楽しいほど、後日“この前飲んだおいしかったワイン、何だったっけ”となることはありませんか? それはとてももったいないことだと思うのです。今よりもう少しだけワインのことを知ることができたら、自分にとっての“おいしいワイン”を忘れずにいられるようになるかもしれません。
教科書は、町のグラスワインにワインショップに並ぶボトル。必要な知識・教養をまとめた「ワインがもっと楽しくなる基礎講座」も用意しました。この一冊で知る“おいしいワイン”が、ワイン好きをつなぐ共通言語になりますように。

 

FEATURES

もう少しだけ
ワインのことを知りたい
012 ワインを飲む醍醐味は、グラスで? ボトルで?
街の名店のグラスはワインの教科書です
グラスワイン3種類なにを出しますか?
016 東京編
026 大阪・京都編
030 グラスワインの副音声
035 ワインがもっと楽しくなる基礎講座
ブドウ品種/エチケット/レジェンド& 注目ワイン/インポーター…etc.
052 いま、日本ワインを選ぶ理由
054 新潟のワイナリーへ Fermier/Domaine Chaud
058 家でワインを楽しむために持っていたい名品・定番品
おいしかったらボトル買い!
名角打ちのグラス3種類
060 東京編
066 大阪・京都編
068 あの人のワイン景色。「ワインと…」
モルックと/餃子と/家族と/フェスと
頼りになるのはワインショップ
072 “誰から買うか”がいいワイン選びの第一歩。
074 あの人のある日のオーダー。
076 予算6本30,000円で、今のおすすめをお願いします!
080 全国版・信頼できるワインショップ。
082 差し出す人は、学ぶ人

REGULARS

005 A LIFE WITH DRINK
007 A LIFE WITH FOOD
009 A LIFE WITH SWEETS
011 A LIFE WITH TABLEWARE
092 HOME SWEET HOME
食のプロのインテリアとセンス。
丸山智博(〈シェルシュ〉代表・料理人)
松坂 愛(〈赤い部屋〉オーナーソムリエール)
100 EATING OUT
小石原はるかの“食事放談”
「大衆酒場の嗜み方。」
104 味の履歴書
蒼井 優(俳優)
108 TOWN & CITY GUIDE
「学芸大学」
116 LIFEHACK JOURNAL
「生理×フェムテック編」
120 PUTTING IN THE BAG
旅のもちもの 
福本敦子 (美容コラムニスト)
122 NEXT ISSUE

Hanako No. 1226

101人の朝食ダイアリー

— 2024.07.26
試し読み購入定期購読 (18%OFF)
Hanako No. 1226 —『101人の朝食ダイアリー』

紙版

定期購読/バックナンバー

読み放題※ 記事の一部が掲載されない場合もあります。
  • buy-dmagazine
  • buy-rakuten-2024

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。