マガジンワールド


From Editors No. 1055 フロム エディターズ

編集長より

富士山、熊野、伊勢、出雲…。日本のさまざまな聖地を体感しませんか?

2013年のあとわずか。
皆様はどんな一年でしたでしょうか?

今年、最後のHanakoは「聖地への旅」。日本中の素晴らしい聖地へご案内します。今回は、山、水、島…とより、自然の中にあり、共感、体感できる場所へ訪れました。

まずは、世界遺産に登録された富士山。裏テーマは、登らない富士山(笑)。もちろん登ることもご紹介していますが…。日本人は常に富士山を敬い、拝んできました。その富士山にまつわる神社、名物グルメ、景観の素晴らしい宿たち。
本当に富士山を体感し、楽しみ、敬う場所は、びっくりするほどたくさんあり、日本人の特別な存在であることがわかります。それこそ、日本人のアイデンティティを見る気がしました。さまざなな角度から紹介させていただいているので、ぜひ、富士山を五感で体感してください。

他にも、熊野三山、出羽三山。御山とともにある聖地。高千穂、天川…。水とともにある聖地。自然とともにある、日本中の聖地へご案内します。
そして、2013年の遷宮が行われた二大聖地、伊勢・出雲の最新案内。新しくなったポイント指南付きです。

そして!!! 皆様お待ちかねの江原啓之先生の2014年、開運指南。先生のお言葉はいつも、当たりすぎてびっくりするのですが。2014年のお言葉も「ええ!?」と驚くことと「まさに!」と頷くこと、そして日常を正す耳に痛いメッセージが一杯です。

この一冊を片手に、2014年も(残りわずかですが2013年も!)、ぜひ、日本中の素晴らしい聖地へ訪ねて、心身のチャージ&デトックスを。

そして、スペシャル企画。来年100周年を迎える、宝塚も大大特集!
新春に宝塚と東京で公演をする雪組と星組のスターの方々の撮りおろしグラビアとインタビューの豪華版です。100周年で湧く、宝塚体感もぜひ!

編集長 北脇朝子


担当編集より

“日本一の山”富士山のこと知っていますか?

今年6月、富士山がとうとう世界遺産に登録されました。それはすばらしいことだ、ワーイワーイ! と思っていたのですが、それが世界「文化」遺産登録だということ、ご存じでしたか? いろいろな定義があるのですが、富士山が文化遺産に登録されたのは、「伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品に貢献」したから、と言われております。私たちが晴れた日に富士山が見えると「なんかいいことあるな〜」と思うその心。すでに思想と信仰が根付いちゃっているのを感じますね。

そんなわけで、この号の巻頭では富士山を大特集! 表紙からどどんと写真家・市橋織江さんに撮り下ろしていただきました。青い空にたなびく雲、雄大な富士山……。本当に清々しい表紙になりました。また、富士山の登り方豆知識や富士山にまつわる文化のこと、まわりのエリアのおいしいものなど、かなり詳しく調べてみました。富士山が気になって仕方ない……そんな方に読んでいただきたい特集です。
 
また、富士山の他、今回は日本全国の山、水、島の聖地を大特集しています。日々の生活に疲れて、なんとなく気のいい場所に行きたい……。そんなとき、旅の指針にしていただければ幸いです。
そして、この号がHanako2013年最後の特集になります。みなさま、よいお年を!

編集担当 真田奈奈