マガジンワールド

パン性善説の池田浩明さんはどこまでいってもすごかった。 From Editors No. 1182 フロム エディターズ 担当編集より

From editors

パン性善説の池田浩明さんはどこまでいってもすごかった。

自称「パンギーク(パンおたく)」のパン研究家でありライターの池田浩明さん。取材前にはお店に誰よりも早く行く。取材が終わっても一人店に残ってもう一度確認など、パンとパン屋さんへの姿勢はもう脱帽モノだ。そんな彼が特に熱を入れているのが国産小麦のパン。「小麦の産地が近いほどパンはおいしい」と池田さん。国産小麦を使うパン屋さんがあると聞けば、飛行機に乗ってでも、情報収集に余念がない。そんな池田さん、夜になればその日手に入れたパンを食べて復習するという。どこまでいってもパンの人だった。

hn1182-fe1
hn1182-fe2
hn1182-fe3
(編集者:西村由美)

Hanako No. 1182

進化する、日本のパン!

820円 — 2020.02.28電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
Hanako No. 1182 —『進化する、日本のパン!』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。