マガジンワールド

喫茶店とカフェの違いについて。 From Editors No. 1150 フロム エディターズ 担当編集より

担当編集より

喫茶店とカフェの違いについて。

喫茶店特集を準備しながら考えたのが、喫茶店とカフェの違い。今号のHanakoでは、昭和以前にオープンした、コーヒーや紅茶、軽食を提供する店を「レトロ喫茶」と定義。もう一つ、ここ数年オープンしている、昭和へのリスペクトがあふれる店を「ネオ喫茶」と名付け、二つを併せて「喫茶店」としてご紹介しています。ネオ喫茶の新世代マスターたちは、20~30代がほとんどなのに、昭和の喫茶店が大好きで、カップやインテリア、コーヒーはもちろん、昭和の作家や音楽、カルチャーの知識が豊富。取材中に「すみません、中に50代のおじさんが入ってますよね? (笑)」と思わず言ってしまったこともあるほど、“昭和愛”があふれていました。「レトロ喫茶」と「ネオ喫茶」の最大の共通点は、店内に振り子時計があること。チクタクと刻む時間は、店内に足を踏み入れた途端デジタルな外の世界の空気を断ち切る、魔法のようでした。喫茶店特集を片手に身近な時間旅行へ。今週末、出かけてみませんか?

(担当編集:久冨俊裕)

Hanako 1150号:from editors
向島の〈カド〉にはいろんな種類の時計が。見ているだけでも楽しい。


Hanako No. 1150

喫茶店に恋をして。

650円 — 2018.02.08
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
Hanako No. 1150 —『喫茶店に恋をして。』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。