マガジンワールド

カラフル? 自然派? ビジュアル系アイスクリーム From Editors No. 1132 フロム エディターズ 担当編集より

担当編集より

カラフル? 自然派?
ビジュアル系アイスクリーム

28度という気温なのにさわやかな風が吹き抜けるからか、「暑くて溶けそう」ということにはならないハワイ。東京よりも積極的にコーヒーならアイスがいいと思うし、デザートだってひんやり系に気持ちがなびく。

今、オアフのスイーツ界では「ぐるぐる」、「マキマキ」が話題だ。「ぐるぐる」と「マキマキ」とは、ソフトクリームのようにレイアーがある冷たいアイスのこと。バナナを原料として砂糖を使用しない自然派アイスクリームを我々取材班はぐるぐるのと呼ぶが、その筆頭にあげられるのが「Banan」。ダイアモンドヘッド近くの閑静な住宅街にあるフードトラックで販売されて日本人のファンも多い。他にも甘さを砂糖に頼らず、ハチミツやココナッツで自然な甘味を出すスイーツはハワイのビーガンフードのお店などでも同様の「ぐるぐる」を食べることができる。対して見た目のインパクト勝負というインスタジェニックな「マキマキ」も大いに勢力を伸ばしている。中でも〈MUSASHI〉はインスタの申し子と言っても過言でないルックス。ド派手な色がいくえにも重なったアイスクリームだ。ちょっと地味だけどほんのりした自然派な甘味かルックス至上主義かに走るか。さて、あなたならどうします?

(担当編集:西村由美)

hanako-editors-1132-2
カラフル MUSASHI
hanako-editors-1132-1
噂のバナン(パパイヤに乗ったもの)


Hanako No. 1132

ハワイ、いまここにあるもの。

650円 — 2017.04.27
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
Hanako No. 1132 —『ハワイ、いまここにあるもの。』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。