マガジンワールド

From Editors No. 1141 フロム エディターズ 担当編集より

担当編集より

“ひみつ”が似合う町、
京都の魅力にずぶずぶと。

京都の町でよく迷子になります(泣)。町がきれいに整備されているだけに方向感覚を失い、「もう大丈夫」と思ってスマホをしまった後にも、長いこと町を巡る羽目になることがしばしば……。待ち合わせた人と分かりやすい場所でようやく落ち合い、連れて行かれた先が路地裏の店なんてことも少なくありません。「この場所だったら迷子になるのも仕方ない」とひとり腑に落ちる一方、細い路地を歩きながらワクワクしている自分に気がつきます。私にとって、京都の町歩きはちょっとした冒険なのです。探り当てた1軒の扉を開けてびっくりすることも京都の町では頻繁です。通りの喧騒とは打って変わって、壁に一輪挿しがあるだけのバーや、オーナー独特の世界観が爆発している飲食店など、まるで前を通る人たちには内緒にしているかのような異空間が広がった店に驚きます。京都は“ひみつ”という言葉が似合う町。だから、特集タイトルを「ひみつの京都」にしました。人も町も一緒で、どこかミステリアスなところに惹かれちゃうのかも知れません。おぉ、あぶない、あぶない、深入りするとあぶないぞ……なんて思いながらも、時すでに遅し。気づけば京都の“虜”です。

(担当編集:阿部太一)

hanako-editors-1141-1
虜になった店のひとつ〈レスカモトゥールバー〉。スタッフのキャラクターも店の雰囲気も濃いです。


Hanako No. 1141

ひみつの京都

650円 — 2017.09.07電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
Hanako No. 1141 —『ひみつの京都』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。