マガジンワールド

人のつながりが色濃く残る、下町・浅草で運試し。 From Editors No. 1144 フロム エディターズ 担当編集より

担当編集より

人のつながりが色濃く残る、
下町・浅草で運試し。

おみくじで「凶」って引いたことありますか?

僕はあります。しかも就活を控えた年、気合いを入れようと初詣に訪れた浅草寺で。これまでの人生で「凶」はこの1度きり。なんでこのタイミングで……と新年早々、人生の辛さを感じた正月でした。そんなこともあり、浅草のイメージは決して良いものではなかったことは言うまでもないでしょう。

しかし、本特集の取材を進めるに連れて感じたのは、街の人たちの連帯感の良さでした。ある洋食店での取材の際、次に取材するお店の話をすると「シェフのアイツによろしく言っといてねッ」と笑うオーナー。近所の合羽橋の道具を愛用するカフェ。近所の営業マンのため、ランチプレートを夕方まで残しておく喫茶店など。「人が生活する場所が地面に近いほど、横のつながりは増える気がする」とあるライターさんは語っていました。高いマンションやビルが建つことで、見える景色と引き換えに見えない“つながり”が減っていく。そんな現代の東京にありながら、横のつながりがしっかりと残る街、浅草。「この近くにいいお店ありませんか?」なんて人づてに巡るのも楽しみ方の一つかも。

そうそう、運試しは浅草寺以外にもできるんです。それが〈珈琲 天国〉。銅板で焼くホットケーキの味はもちろんのこと、運が良ければカップの底に「大吉」の文字が。あなたの強運を信じて訪れてみては。

(担当編集:高橋優人)

hanako-editors-1144-2
〈珈琲 天国〉の店内では“冥土の土産”と呼ばれる天国グッズがたくさん。ピンバッジは金と銀の2種類あります。


Hanako No. 1144

浅草、谷根千 ロマンチックで新しい街に。

650円 — 2017.10.19電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
Hanako No. 1144 —『浅草、谷根千 ロマンチックで新しい街に。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。