マガジンワールド

エレガンスがあること。 nanuk & Premium

nanuk-60-main

エレガンスがあるのはいいなぁ。判断しにくいものを前にしたとき、「こっちの方がエレガンスがある」と、物差しみたいな存在になってくれるのがいい。でも、エレガンスがあるってどんな状態だろう、言葉での説明は難しい。辞書を引けば、「気品」とか「優雅」なんて出てくる。でも、人に当てはめると少し違っていて、「余裕」という言葉に近いような気がする。エレガンスがあると感じさせる人は「ONのときにOFFでいられてOFFのときにONでいられる」のかもしれないなぁ。

 

絵・文/水野 学

みずの・まなぶ/クリエイティブディレクター。〈good design company〉代表。著書に『センスは知識からはじまる』(朝日新聞出版)、『「売る」から、「売れる」へ。』(誠文堂新光社)ほか。
 
アンド プレミアム No. 60

エレガンス、ということ。

840円 — 2018.10.20電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンド プレミアム No. 60 —『エレガンス、ということ。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。