マガジンワールド

工芸のこと。 nanuk & Premium

nanuk-92-main

工芸はいいなぁ。蒔絵や絵付けの大皿など煌びやかなものもいいけど、土ものの器や竹籠などの素朴さもいい。工芸は、土地の気候や地理的条件など、いわゆる風土と密接に関係している。そこに人びとの知恵と努力が重なり、幾多の失敗も経た上で、形づくられていく。なぜだろう、そんな工芸の魅力に年々強く惹かれてしまうのは。あたかも自然とともに生きているかのような工芸が根付く、この日本という国は、本来ならばサステナブル先進国だといえるのかもしれないなぁ。

 

絵・文/水野 学

みずの・まなぶ/クリエイティブディレクター。〈good design company〉代表。著書に『センスは知識からはじまる』『世界観をつくる「感性×知性」の仕事術』(ともに朝日新聞出版)。
 
アンド プレミアム No. 92

部屋に、美しいもの、かわいいものを。

880円 — 2021.06.18電子版あり
試し読み購入定期購読 (30%OFF)
アンド プレミアム No. 92 —『部屋に、美しいもの、かわいいものを。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

読み放題※ 記事の一部が掲載されない場合もあります。
  • buy-dmagazine
  • buy-rakuten

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。