マガジンワールド

東京らしいグルメとは? 中野​〈松㐂〉のスープとパンに感動。 From Editors No. 1146 フロム エディターズ 担当編集より

担当編集より

東京らしいグルメとは?
中野​〈松㐂〉のスープとパンに感動。

「POP-UP」​の取材で計5日訪れた〈松㐂〉。久々に追っかけ取材をしてヘロヘロになりましたが、いただいた白インゲン豆のスープが実に美味で、ひいていた風邪がスーッと治っていくようでした。京都〈吉田パン工房〉のパンも、もっちり&ほんの少し酸味を感じる味で、昔、海外で食べたスープやサワーブレッドを思い出し、脳内トリップしてしまったほど。「POP-UP」のページでは、フリマを開催したり、同世代のシェフと昼飲みイベントを企画したりと、実に「自由」な〈松㐂〉のスタッフたちをレポートしています。以前に勤めていたお店で、「料理人が自由に楽しむ姿がいちばん大事だと教えてもらった」と語っていたシェフ。味のみならずスタイルも含め、東京らしい美食が広がっていることに、しみじみ感動。詳しくは本誌で。

(担当編集:久冨俊裕)

hanako-editors-1146-1


Hanako No. 1146

300人に聞いた! いま絶対に行きたい店

650円 — 2017.11.16
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
Hanako No. 1146 —『300人に聞いた! いま絶対に行きたい店』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。