マガジンワールド

懐かしいから新しい。 From Editors No. 1128 フロム エディターズ 担当編集より

担当編集より

懐かしいから新しい。

出会いは1本の映画監督からの電話から始まった。

浅草のパン屋さん<パンのペリカン>のドキュメンタリー映画を撮影しているので、話が聞けるライターさんを紹介してほしいという内容だった。電話の主、内田俊太郎さんは30歳。たった2種類のパンだけで、しかもレシピも変えずに作り続けているという姿勢に魅かれ」と映画を作り始めたそうだ。

浅草の<パンのペリカン>は創業74年、食パンとロールパンをメインに商いを続ける。監督のような若い世代はこういった昔ながらに敏感なのか、わざわざ遠方から来たのだろうというお客様は内田さん同様、若い世代が圧倒的に多い。

昔から使われているだろう木製のパンケースや年輪を感じさせる食パンの型、そして焼きあがったロールパンを冷ます風景。確かに店内は愛らしいもので溢れている。

日頃から新しい物、現象を追求していたけれど、昔からのモノの素晴らしさを忘れていたのかもしれない。クリームパン、コッペにシベリア、昔ながらのパンはそのシンプルな形や使い込まれた道具、お店そのものが魅力でいっぱいだった。

長く残って多くの人に愛された歴史あるパンに敬意を払い、内田さんは映画作ったが、我らは特集記事とともにシールも作ることに。

さて、出来栄えはいかに。

Hanako 1128号:from editors
懐かしいパンとその名店をシールにしました。
(担当編集・西村由美)


Hanako No. 1128

今、食べたいのは なつかしいパン。

600円 — 2017.02.23
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
Hanako No. 1128 —『今、食べたいのは なつかしいパン。』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。