マガジンワールド

夢が現実に? チョコにまみれる至福の日々。 From Editors No.2085

From Editors
編集部リレー日誌

夢が現実に? チョコにまみれる至福の日々。
小学生のときに憧れた、夢のチョコレートがありました。でも残念ながら、売っていませんでした。とあるお話の中に登場するチョコレートだからです。そのチョコの箱をふると、必ず、ひとつぶころりとチョコレートが出てくるのです。(そう、絶対に、空っぽになることがない!)

どんなにおいしいチョコレートだって、“最後のひとくち”はやってくる。ああ、なくなっちゃう、次はいつ食べられるんだろう…。ちょっぴりさみしい気持ちになりながら、食べていた記憶があります(母がなかなかおやつにチョコレートを出してくれなかったことも原因かも)。

時は過ぎて2017年の冬。夢が突然、現実になりました。毎日毎日いただく、たくさんのチョコレート。絶対になくならないのです。ひとくち食べても、ふたくち食べても、まだまだあるよチョコレート。神様が周回遅れで願いを叶えてくれたのです。

担当した「あの人が愛するチョコレート」で紹介した商品の、「愛される理由」に納得しながらいただくチョコレートは格別の味。「おやつチョコ博覧会」ページのチョコレートは、子どものころから親しんできたベストセラーたちがずらりと登場。取材時も撮影時も、「これ、中学生の頃、むさぼるように食べてたなぁ…」「CM、好きだったなぁ」など、甘~い(?)記憶とも結びつき、ついつい何度も手がのびるのでした。

さて。冒頭でご紹介した“とあるお話”にはオチがあります。ひとつぶころり、と出てくるチョコレートの箱は、「絶対になくならない」と思っていたのに、実は…減っていたのです! (詳しい結末はぜひ本を読んでくださいね) そして、この特集号が出る頃には、編集部にあるチョコレートのコレクションも終わりをむかえていることでしょう。だって、今日も誰かが、チョコレートをひとつまみ、こっそりと食べているはずですから。(KS)

anan-editors-2085-31
夢のチョコレートの箱が出てくるのは、「ぼくは王さま」シリーズの2冊目、『王さまばんざい』に収録されている「ひとつぶころりチョコレート」というお話です。チョコレートが大好きな王さまに、親近感がわかないはずはないのです。ちなみに私が想像していたチョコレートは、こんな感じのボールタイプ。本誌に出てきますので、どのブランドのものか当ててみてくださいね。


アンアン No. 2085

大好き、チョコレート!/松本 潤

530円 — 2018.01.10電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 2085 —『大好き、チョコレート!/松本 潤』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。