マガジンワールド

世の中をときめきの渦に巻き込む俳優は、素顔もとんでもなくチャーミング♡ From Editors No.2113

From Editors
編集部リレー日誌

世の中をときめきの渦に巻き込む俳優は、
素顔もとんでもなくチャーミング♡
俳優さんにドキドキしすぎて、作品を見終わった後に心臓の疲れを感じる人も多数!「いま特に気になって仕方ない!」と話題の俳優・田中圭さんと中村倫也さんの魅力に迫る「俳優研究」のページを担当しました。

今年春のドラマ『おっさんずラブ』が大反響、編集部にも読者からのラブコールが殺到している田中圭さんは、今回、ホテルでしっとりと撮影。衣装にもこだわりました。スーツで渋く決めた後(もちろんこちらも当然カッコイイ)、2体目の衣装は、女子の好みを狙撃する大本命の「ゆるパーカ」! フードをかぶったり、くしゃっと寝転がったり…。あまりにこの衣装がお似合いだったので、私服にどうですか? とスタイリストさんに商品情報を教えてもらうと、そのお値段にびっくり(高級メゾンですから)!

田中さんご自身はそこまで服にこだわりがないということで、「もしこの服を買ったとして、着ていく場所はどこか?」「公園だと汚れるし…」「でも、仕事におしゃれしていくタイプでもないからなぁ~」と、フードをかぶったままあれこれ想像していたキュートな表情に、二度ときめきました。服はあまり買わないという田中さんが、何にお金を使うかというと…ここから先は、インタビューでチェックしてください!

朝ドラ『半分、青い。』で演じたマーくんこと正人に「こんなにときめいたのは、人生で久々!」という声が絶えない中村倫也さんの撮影は終始和やかムードでした! 物腰が柔らかく、でも、どこかミステリアスさのある中村さん。取材中にライターが一生懸命その素顔に近づこうとするも、「ライターさんはどう思うんですか?」と逆質問! 恋愛の話になったときには「(質問をするライターに)なんでちょっと照れてるんですか?(笑)」と、予想もしない受け返しに翻弄されっぱなし。

かと思えば、強調したいところはちょっと“いい声”で答えてくれたり(あとで、「今、ちょっといい声で言ったんですが、気づきました?」と自分で言っちゃうところにときめき!)と、ユーモアたっぷりの中村さんに、ますます夢中になった取材陣でした。

撮影終了後には、偶然近くのスタジオで撮影していた滝藤賢一さんが「どうも~!」と遊びにきてくれました。配信ドラマ『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』でバディを演じたおふたり! なにやらおしゃべりしている二人の姿に、本当に仲が良いんだな~とほっこり。滝藤さんには、後日中村さんの魅力についてコメントをいただきましたので、こちらも誌面で要確認ですよ~。(TM)

anan-editors-2113-3a
田中さんに寝転がっていただいたベッドを激写、気分だけでもダイブして♡
anan-editors-2113-3b
ananパンダも気に入ってくださり、なでなで…。


アンアン No. 2113

ときめきカルチャー最前線。/Hey! Say! JUMP

550円 — 2018.08.01電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 2113 —『ときめきカルチャー最前線。/Hey! Say! JUMP』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。