マガジンワールド

色気、知性、やさしく柔らかな姿勢。「阿部ちゃん」の魅力すべてを体現! From Editors No.2207

From Editors
編集部リレー日誌

色気、知性、やさしく柔らかな姿勢。
「阿部ちゃん」の魅力すべてを体現!

ジャニーズきってのクイズ王として人気を誇るSnow Manの「阿部ちゃん」こと、阿部亮平さんがCLOSE UPにソロ初登場!

阿部さんといえば、上智大学大学院卒の頭脳明晰さに加え、ダンスやアクロバットなど、高度なパフォーマンスでファンを魅了し続ける文武両道なアイドルです。でも、彼の魅力はまだまだあって…いつもニコニコの笑顔を向ける明るさもありながら、なんだか危険な薫りの漂う、妖しげな色気が醸し出される瞬間も。普段やさしい男性が急に雄っぽい目つきをすると、一気にフェロモンが爆発するという、ギャップ萌えがあるんです。ということで、「その魅力、全部を表現してほしい」とわがままオファー。「今日はソロ撮影、楽しみにして来ました」と照れ笑いしながらも、いざ撮影が始まると表現力は抜群!

“知性”を写真で表すのはなかなか難しいかな…と思われたのですが、白ジャケットを羽織ってメガネを着用した阿部さんを見た瞬間、「博士!」と呼びたくなる衝動に。「夢中で研究していたら、朝になっていた…」というような「徹夜明けの博士」をイメージして撮影していた時、小道具として使用したオシャレな洋書をパラパラめくった阿部さんが一言。「あ、この本知ってる」。スタッフもキョトンとしてタイトルを聞くと、イギリス文学の名作、チャールズ・ディケンズ著の『デイヴィッド・コパフィールド』だったのでした。瞬時に分かっちゃう阿部さん、やっぱりものすごくカッコイイ!

撮影の終盤、派手めのシャツを羽織って「色気」をテーマに撮影していた際には、スタッフの興奮もクライマックスに。「素敵です! 視線、最高です! 喉仏が色っぽい!」などコメントが飛び交っていたら、「喉仏のこと褒められる撮影って、なかなかないです(笑)」と爆笑する一幕も。

そんな阿部さんのソログラビア、かわいくて、賢くて、色っぽい彼が満載です。グループやメンバーに対する、信頼と愛情を感じるインタビューも、ぜひお楽しみください。(S)

anan 2207号:From Editors
こちらが、撮影用に使った洋書。阿部さんならではの魅力を引き出す名脇役に。


アンアン No. 2207

恋の距離感。/Hey! Say! JUMP

650円 — 2020.07.01電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 2207 —『恋の距離感。/Hey! Say! JUMP』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。