マガジンワールド

自分だけの“好き”がきっと見つかる。動画ラバーズに魅せられて…。 From Editors No.2265

From Editors
編集部リレー日誌

自分だけの“好き”がきっと見つかる。
動画ラバーズに魅せられて…。

YouTubeやSNSの発達で、ここ数年でぐんと身近な存在となった“動画”。
私も仕事終わりに、缶ビールを片手に動画サイトを数時間探索…なんてことがしょっちゅうあります。
とはいえ、優秀なリコメンド機能のおかげもあってか、普段見る動画はいつも決まったものになってしまい、新しい出会いというとなかなかないもの…。
そんな日常に少しでも新鮮な風を取り入れたいと思い、今回のモノクロページでは、6人の動画ラバーズに、「これは見てほしい!」というおすすめ動画を伺いました。
例えば、本気のお笑い好きがおすすめする“お笑い動画”や、TikTokの人気者が認める“TIkTokの一押しネタ”など…ある一定のジャンルに詳しい方々を直撃。みなさん本気でそのジャンルを推しているので、どなたの取材もPCの画面越しに愛情が伝わってきて、かなり熱く&楽しいものとなりました!

特に印象的だったのは、「ストリートピアノ」で今テレビで引っ張りだこのハラミちゃん。聞いた音楽をすぐに再現できる“耳コピ”の才能の持ち主ですが、実は「オーディション番組」が好きって知っていましたか? あるテレビ番組でたまたまそのことをおっしゃっていて今回お話を伺ってみたのですが、ハラミちゃんのオーディション番組への愛情&知識量たるや! 幅広い番組をチェックする中で、それぞれの番組の魅力はもちろん、参加者一人ひとりの魅力までしっかりと分析。
ハラミちゃん曰く、オーディション番組では「ダンスや歌など、何かに特化していたり、人に愛されるような愛嬌があったりする子はやはり強いと思う」とのことですが、そのドラマはどこか人生に通ずるところもあるような気がして俄然興味が湧き……話を聴きながらこっそりとウォッチリストに追加してしまいました(笑)。

そして動画の選者ではないですが、今回扉のページでは、“偏愛のプロ”(?)である宮崎美子さんにインタビュー。漢字や石など、独自の視点で好きなものを掘り下げられている様子が大変魅力的な宮崎さんですが、ここ1年ほどはその様子をYouTubeでも発信。そんな宮崎さんが考える動画の魅力と、好きなものとの出会い方を聞きました。
この日はお電話越しにインタビューをしたのですが、宮崎さんの笑い声や話し声に、私とライターさんは完全にノックダウン(笑)。ピュアに好きなものと向き合われる姿勢、そして「無理はしないで大丈夫よ」という包容力。その全てが魅力的すぎて、「こんな人になりたい」と取材後メロメロになってしまいました…♡

お二人だけではなく、今回のみなさんの取材を通して、好きなものがあるということの尊さ、そしてその愛情は聞くだけでも元気をもらえるなと改めて感じました。
今回紹介している31本の中から、誰でも絶対にハマる動画が見つかるはず!
まずは記事を片手にウォッチリストに加えるところから、動画ディグを楽しんでみてください♪(SA)


アンアン No. 2265

進化系映像最前線!/木村拓哉

700円 — 2021.09.08電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 2265 —『進化系映像最前線!/木村拓哉』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。