マガジンワールド

Tarzan Editors No. 701編集長かく語りき

Tarzan From Editors 編集長かく語りき

待ってました、夏山のシーズン到来! 3000mの稜線にはなかなか行けませんが、丹沢山塊の稜線ならトレーニングにも最適。このメルマガでも何度か書いていますが、私の夏の休日トレの定番。いわば、カーディオ版の今日トレ(kyotore.jp/)清水道場です……(笑)。

1年に最低でも5、6回は訪れる西丹沢は、荒々しい自然の美しさと、静かな山好きの人たちの楽園です。ブナの原生林の稜線は、歩くにも走るにも心地よく、眺望が開けない分、夏の日差しを避けられ、トレーニングにはもってこい。

西丹沢の駐車場から歩き出すのは、朝の7時前がオススメです。1300mの標高差と距離15キロを歩き終えても、まだ午前中。9時頃には山頂の涼風に当たれるなら、3時50分の早起きだって、何の苦もありません(笑)。

先日訪れた際は、開けた稜線に、可憐なシモツケソウがお花畑となり、遠くに富士山を臨みました。トレランシューズを履いて、気の向いたトレイルだけ走ってのトレーニングは、1300キロカロリーの消費と、翌日の軽い筋肉痛。午後からも、たっぷり時間を有効に使えましたが、夜まで持たず早々に就寝しました……。

●『ターザン』編集長 大田原 透
ターザン No. 701

性(セックス)学

580円 — 2016.08.10/返品待ち電子版あり
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
ターザン No. 701 —『性(セックス)学』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各電子書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本の電子版を扱っていない場合があります。ご了承ください。