マガジンワールド

みんな大好きな腸活フード・納豆ができるまでを見てきました! From Editors No.2111

From Editors
編集部リレー日誌

みんな大好きな腸活フード・納豆ができるまでを見てきました!
腸内環境を整えてくれる食品で、手軽に買えて毎日食べられるものといえば、納豆。8ページの「納豆大研究」企画では、納豆の作られている現場を取材すべく、茨城にある丸真食品さんの納豆工場へ行ってきました。
工場の前に到着すると、大豆のいい香りがふんわりと漂ってきます。白衣やマスクを装着し、大豆が保管されているところから、蒸煮した大豆に納豆菌をふりかけ、発酵させ、冷却し、出荷される状態になるまでの一連の工程を見せていただきました。
丸真食品さんの看板商品は、舟型の経木に盛られた「舟納豆」。使われている松の経木は、職人さんが一枚一枚カンナで削ったこだわりのもので、納豆の水分量を調整してくれるのだとか。こういった細かい心遣いが、美味しい納豆を作り上げているのだとわかりました。
工場内のツヤツヤした納豆の様子に心を奪われつつ、印象的だったのが、活き活きと働いている女性たち。納豆が機械で容器に充填されていく横で、秤とレードルを使って手作業で同じ充填作業をしていくみなさん。その力強さとスピードに目が釘付け! 実際、機械より早くできてしまうこともあるんだそうです。
工場を撮影した後は、近くの直営店へ。次から次へとさまざまな種類の納豆を試食させていただけるので、物欲もMAX! 「冷凍もできるんですよ」と聞き、スタッフそれぞれ5000円分ほどの納豆をお買い物してしまうという事態に。納豆でパンパンの保冷バッグを抱えて、編集部に戻ったのでした。(SN)
anan-editors-2111-3
巨大圧力釜で蒸煮された大豆。ここに納豆菌をふりかけて発酵させると、納豆に変身!


アンアン No. 2111

本気の腸活。/中条あやみ

580円 — 2018.07.18電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 2111 —『本気の腸活。/中条あやみ』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。