マガジンワールド

撮影してない料理の話 From Editors No.2129

From Editors
編集部リレー日誌

撮影してない料理の話

料理特集で楽しみにしているのは、撮影後の試食です。
どの料理もおいしいのは当たり前なのですが、それを舌の記憶に残して、記事に反映できるよう、しっかり味わいながらいただきます。
さて、今回、飛田和緒さんとご一緒して鍋料理のページを担当しました。
撮影が終わり、それぞれ温めなおし、一同で鍋をつつきはじめた時、まだキッチンにいらっしゃった飛田さん。
しばらくすると、なんとトレイに乗ったほかほかの塩むすびが出てきました。(小鍋仕立てだったので)鍋だけではもの足りなかろう、と撮影の合間にお米を炊き、手ずから握ってくださっていたのです。
ごはんはほろりと口の中で崩れ、噛むほどに甘みが感じられ…ごはんの硬さも塩のかげんもちょうどよく、何個でも入りそうなおいしさ、スタッフみんなの手が伸びて、みるみるうちに減っていきました。
思わぬお楽しみもいただけた撮影。ふっくら塩むすびも、いつかレシピを教わって誌面で紹介できないものか、とお腹をさすりつつ帰路につきました。(N)

anan 2129号:From Editors
本誌で紹介している裏技。昆布だしをすぐに使いたい時は、具材を切りはじめる前に、鍋に水を張り、昆布を入れておきます。その際、昆布にはさみで切り目を入れておくと早く出るそうです。ちなみに朝、ポットに水と昆布を入れておけば、夜には使えるのでこれもおすすめ。


アンアン No. 2129

おいしい料理の本当のコツ。

600円 — 2018.11.28電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 2129 —『おいしい料理の本当のコツ。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。