マガジンワールド

私の「京都ベストアドレス2019」がアップデートされました。 From Editors No.2159

From Editors
編集部リレー日誌

私の「京都ベストアドレス2019」がアップデートされました。

わたくし、関西人かつ『HanakoWEST』(『Hanako』の関西版。現在休刊)編集部出身。京都にはちょくちょく取材に通っていたこともあり、「京都の好きな店」は割と多いほうでした。
ですが今は関西を離れて久しいため、最新の京都はまったくわからず…。近頃は知人に「京都、どこかいい店ある?」と聞かれても、超定番の名店しかおすすめできず「ああー、そこ、行ったことある。いいお店だよね♪」と返され、「だよねぇ…(ごめん)」となりがちでした(反省)。

そんな私の「京都ベストアドレス2019」が、久々にアップデートされました! 担当した「朝、昼、夜を楽しむ京都」の中でご紹介したお店です。
次、京都に行くならこの順で取材先を再訪するぜ…と、密かに練り上げたゴールデンコースも完成しました。

金曜夜。仕事を終えてそのまま新幹線に飛び乗り、ちょっと遅めに京都に到着。
まず向かうのは、銭湯。明日からの京都散策に備え、しっかり体をほぐして、お風呂上がりも軽めの晩ごはんにして早めに就寝(←ここ大事)。
翌朝は早起き。焼きたてのパンと、ちょっと深めにローストされたコーヒーのモーニングをいただきます。今日の予定を確認しながら、どうやったら効率よく遊べるかなー、と逡巡タイム。昼はコスパの高いランチをはずさず、テーブルの下でガッツポーズ。がっつり街歩きをして、ちょっと疲れたら見目麗しいスイーツに癒される。そして、まだ陽の明るいうちから冷え冷えの一杯をキメるのです。

夜は同じ路地を何往復もして(←要は迷っている)、やっとたどり着き、おずおずと居酒屋ののれんをくぐる。メニューの短冊を見上げながら、キュッと最初のグラスを傾けます。オーダーするのは、賀茂ナス、万願寺とうがらし、鱧、etc…、夏の京の美味。はー至福。
さらに余力があるなら、翌朝も早起きしてアクティビティへ出かけます。

あとは敢行すべく、スケジュールを調整するのみ。
読者のみなさま、私より先に行かないでくださいね…。(K)

anan 2159号:From Editors
今回スイーツページで紹介した「Kew」のチーズケーキ。今年3月にオープン、いまや行列必至の人気店ですが、行列も納得のおいしさです!


アンアン No. 2159

夏の京都/松本潤

600円 — 2019.07.10電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 2159 —『夏の京都/松本潤』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。