マガジンワールド

スカルプトリートメント取材のはずが、それ以外も楽しすぎました! From Editors No.2171

From Editors
編集部リレー日誌

スカルプトリートメント取材のはずが、
それ以外も楽しすぎました!

「カラダが喜ぶ最新スポット」のページで、いろいろと最新店やフィットネス施設をご紹介しましたが、なかでもインパクトがあったのが『LUSH 新宿店』。店舗は4フロアでアジア最大級の規模なのですが、紙幅の都合ですべてをお見せできなかったので、ここであらためてレポートを。

「店舗はランゲージフリーになっています」とは、アテンドしてくれたプレスの根本歩さん。ランゲージフリー? 一瞬、何のことか分からなかったのですが、よく見ると店舗内には文字による説明がほとんどない! 代わりにピクトグラムみたいな絵文字で、このフロアには何がディスプレイされているか説明。日本人だけでなくいろいろな国の方が来られることを想定しているんです。

2階でぜひ注目してほしいのは「寿司コーナー」。回転寿司屋さんみたいに、ベルトの上をお皿にのった商品が回っています。でも、いくら外国の方も意識しているからといっても、さすがにSUSHIは売っていません。回っているのはカラフルな石鹸やバスボムたち!

3階にはスペースを時間貸しできる「パーティコーナー」が。そこに並んでいるのは直径30cmくらいのビッグサイズのシャワージェリー。なんと、触ると音を奏でます! パーティではそれを使って遊んだり、商品のハンドメイド体験ができます。

そして4階ができたばかりのスパフロア。デジタルアート溢れる空間が、スパのイメージを覆して斬新すぎ。光だけでなく音と香りの演出も。メニューによっては、ドライアイスで、個室内の足元が雲海みたいになるとか!

『LUSH 新宿店』。1人でショッピングやスパもいいけど、アミューズメント要素が多いので、友だち同士やデートで、ぜひ、行ってみて!(M)

anan 2171号:From Editors
店内表示は絵文字で。
anan 2171号:From Editors
寿司コーナー。
anan 2171号:From Editors
4階のスパフロアのアプローチ。タッチパネルでメニューを選びます。写真・大嶋千尋


アンアン No. 2171

カラダにいいもの大賞2019/木村拓哉

600円 — 2019.10.09電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 2171 —『カラダにいいもの大賞2019/木村拓哉』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。