マガジンワールド

コロコロと変化する表情。さまざまな魅力で惑わす、松村北斗さんが登場! From Editors No.2219

From Editors
編集部リレー日誌

コロコロと変化する表情。
さまざまな魅力で惑わす、松村北斗さんが登場!

ananでは3度目となる、松村北斗さんのソロ企画! 今回は、9月27日スタートのNHKドラマ『一億円のさようなら』出演のタイミングでのご登場です。

松村さんといえば、SixTONESのメンバーとして活躍する傍ら、さまざまなドラマに出演する俳優としての顔も。過去には、クールでモテモテな高校生役、車椅子バスケをする明るい青年役、ミステリアスなピアニスト役など、あらゆるタイプの役柄を演じてきました。その時その時で、新しい魅力を開花させる松村さん。そんな彼の多面的な魅力を誌面でお見せしたい! ということで、今回は2ページごとに世界観が変わる、4タイプの松村さんが登場します。

まずは、黒のオールインワンをさらりと着こなしたモードな松村さん。ふだんからファッション好きなだけあり、「このオールインワンのデザインの格好良さも見せたいな…」と、ウエストまわりが綺麗に見えるポージングをバンバン繰り出します。

そして2カット目はがらりと世界観を変え、ふわっふわのファーラグの上でごろごろと転げ回る、ペットみたいな松村さん。ゆるっとしたニットを纏い、ニットの中を覗いたり、手で顔を隠してクスクス笑ったり、ごろごろしながらこちらを見つめたり、まるでお茶目な天使のようではないですか!

さらに、3カット目の世界では突然セクシーに。濡れた髪から滴る雫が、まぁ色っぽいこと。ファンの方から「セクシー担当」とも言われる理由に納得です。ここでも、衣装が気になる松村さん、「今履いてるシューズのかかとがオレンジで素敵なので、このポイントを見せたいです」と、脚を上げて振り返るようなポージングを提案してくださいました。

そしてラストは、気怠げでワイルドな松村さん!! 毎回着替えるたびに、「ここはどんな感じでいきましょう?」と自らリクエストを聞いてくださるので、「ちょっとワルい感じで、かったるそうにゆら〜っとしたり。遊び疲れた朝、みたいな感じで…」と次々に注文。すぐに呑み込んでくださるうえに、その表現力は抜群! まさにちょいワルな、近づいてはいけない色男的な彼が堪能できますよ。

といった感じで、4つの世界の松村さん、ページをめくるたびに違ったときめきがあり、感情が忙しくなること間違いナシ! ぜひお楽しみください。(S)


アンアン No. 2219

手相が導く時代の乗り切り方。/二宮和也

650円 — 2020.09.30電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 2219 —『手相が導く時代の乗り切り方。/二宮和也』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。