マガジンワールド

「凝り」解消の最短ルートは見える化だ! Tarzan Editors No. 711 最新号より

From Editors 最新号より

「凝り」解消の最短ルートは見える化だ!

今! まさに、この記事に目を落としたその瞬間。どのような姿勢でご覧いただいてましたか?
電車内でスマホを片手に俯きながら?
ノートPCを前傾で覗き込みながら?
ベッドでうつ伏せ姿勢、タブレット持ちながら?

実はどの姿勢も首、肩、腰に負担を掛けて凝りの原因を作っています。今号では、その凝りのセルフケアを徹底特集していますが、デリケートな部位だけに症状が進行しすぎて重篤化してしまった、なんて例もチラホラ。

そこで、自分の凝りの進行具合を知るため、その手掛かりを探してくれる専門家へアプローチ。肩こりや腰痛の「見える化」について、最新事情を取材してきました。

最先端の超音波機器を使用した診断。3Dカメラによるカラダの歪みの可視化。筋硬度計による肩こりチェック。それら全てを、肩こり・腰痛持ちのスタッフがカラダを張って体験。なかには自覚症状が全くなかった部位に不定愁訴の原因があった、なんてスタッフも。

セルフケアではなかなか改善しない、辛いけど凝りの原因がわからない、という人は〈しつこい肩こり・腰痛は「見える化」して分析せよ!〉のページを覗いてみてください!

こちらが凝りを可視化する超音波診断機器。日本でも数台しかない代物なんだとか。
こちらが凝りを可視化する超音波診断機器。日本でも数台しかない代物なんだとか。


 
●担当:前傾姿勢でこの原稿を書きました 編集ムラムラ
ターザン No. 711

首&肩甲骨&骨盤

550円 — 2017.01.26
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
ターザン No. 711 —『首&肩甲骨&骨盤』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。