マガジンワールド

気づいたら4時間。それがトレランです。 Tarzan Editors No. 719 最新号より

From Editors 最新号より

気づいたら4時間。それがトレランです。

始めたきっかけは、ダイエットのため、健康のため、カラダづくりのため。
でも2〜3か月くらい経って、5キロや10キロという自分なりの距離を余裕で走れる様になると、ランニングそのものが面白くなってきた。
もちろん脂肪燃焼やタイム向上も嬉しいけど、走り出すと余計な悩みが消えるし、なにより疾走感が気持ち良い。
これって「ランナーあるある」ですよね。

走るのは気持ち良いけど、ちょっと贅沢を言えば、普段のコースにも少しだけ飽きてきた。見慣れないコースを、新鮮な気持ちで走ってみたい。
これも「ランナーあるある」だと思います。

そんなランナーに、心から試して欲しいのがトレラン。

初めて走ったトレランで驚いたのは、いつの間にか時間が経っていること。
舗装路ではないから、状況判断に頭がフル回転。木の根っこはないか、石が転がってないか、枝が飛び出してないか、コース取りをどうするか。
走りながらさまざまな判断をして、適切な位置にカラダを動かす。これがパズルゲームみたいで、本当に面白いんです。

普段は10キロしか走らないけど、いつのまにか15キロを完走してるし。上りはゆっくり歩くので、行動時間はなんと4時間。いつものランだったら、こんなに長くは走れないのに……。

今回の特集ではロケハン、撮影で合わせて6回ほど野山に繰り出しましたが、その度に「編集部に戻りたくないなあ、このまま走ってから帰りたい」なんてボヤいていました。

山に行くのが面倒くさい? いやいや自宅から15分でもこんなトレイルがあるはずです。探し方は特集本編にて。
山に行くのが面倒くさい? いやいや自宅から15分でもこんなトレイルがあるはずです。探し方は特集本編にて。


 
●担当:6月は2つのトレランレースに参戦予定 ムラムラ
ターザン No. 719

トレランGO!

580円 — 2017.05.25
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
ターザン No. 719 —『トレランGO!』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。