マガジンワールド

「目障りでスミマセンが、気持ちいいんです。」 Tarzan Editors No. 751 最新号より part 2

From Editors 最新号より part 2

目障りでスミマセンが、気持ちいいんです。

“走る”と聞くと、学生時代の部活で毎朝、毎夜、“走らされた”苦い記憶が先行する。年に2回程、毎回好評なランニング特集を初めて担当する私の心の声でしたが、この度「もっと気持ちよく走る6つのアイデア」というページを持ちました。ただ走る以外に、楽しみがあればな。と、小言を呟きながら、同じく担当のお姉様ライターに引き摺られ訪ねたのは6人の師匠。その模様がそのまま誌面に掲載されています。師匠を目前にして、割に私が前に出てきます。スミマセン。

師匠の走り方は六者六様、それぞれに走るスタイルがありました。例えば、雨の日のランが気持ちいいなんて知りませんでした。教えを請い、企画が進むに連れ、如何様にも広がるランの楽しみ方にハマっていった私。先走って来年のフルマラソンにもエントリーしました。

最後に訪ねたのは、実業家の堀江貴文さん。フルマラソンだけでなく、トライアスロンやアイアンマン等、多数出場されている堀江さんに改めて走る魅力を聞きました。
「走る魅力? ないです。全然楽しくない」
一瞬、叩く門を間違えたかと思ったのは本当です。が、めげずにあれこれ聞いてみると、堀江さんならではの、これまた違ったカタチの熱量を垣間見ました。最後には腑に落ち、良い意味で一歩引いて、腰を据えてランニングと向き合えたものです。ただ走るのも、なんだかなぁ〜というあなたも、本誌で6人の師匠を訪ねると、ランニングをもっと多角的に楽しめるはずです。

 
ta751_editors2_img
配給かの如く並べられるビールは、ご褒美ランで!
 
●担当:K
ターザン No. 751

君たちはなぜ走るか。

630円 — 2018.10.11電子版あり
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
ターザン No. 751 —『君たちはなぜ走るか。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。